信仰(法話・随想)

お育てにあずかって

稲田静真 著
1,500円+税
四六上製200頁

ISBN978-4-86566-076-0

報恩講法話集16

若かりしハワイの開教使時代、保育園園長として子どもたちへ仏の心を注いだ四十数年の教化の半生の中で、折々に発表した珠玉の法話集。
真宗の教義をいかに分かりやすく説くことを主題に、例話を多載した生きる指針を与える法話38篇。

【目次より】
若かりし開教使のころ
謙虚にして意志の強い人間
教化ということ
新任開教使のその後−子供たちに学ぶ− 他
仏の子どもたちと共に
信順−ワンワン物語−
領解−うれしい時も、かなしい時も−
大悲無倦常照我 他
み仏と共に
一生しあわせになりたければ
救わずにはおかぬ
たったひとつの言葉 他
法語におもう
◇ただ念仏せよ 念仏せよ 
  大悲回向の 南無阿弥陀仏
◇衆生にかけられた 大悲は 無倦である
◇永遠の拠り所を 与えてくださるのが 
  南無阿弥陀仏の 生活である 他

〈著者紹介〉
  大分市光国寺住職 和光保育園園長

声を聴くということ

鈴木君代 著
1,200円+税
四六並製196頁

ISBN978-4-86566-072-2

報恩講法話集16

親鸞聖人の教えに生きる女性僧侶・シンガーの草分けが、あらゆる場所で戦争や差別や抑圧が蠢くいま、世界の声、いのちの願いを聴き伝える。

【目次より】
  大丈夫/決してあきらめない。/不思議ということ
  花たちはどこへ行った?/いつでも遇える場所。声が聞こえる。
  伝えたいこと/すでにして悲願います。/メメント・モリ
  如来大悲の恩徳に報いるということ/如来の遺弟悲泣せよ
  骨のうたう/動くということ。/人間回復の橋
  心に深く刻むということ/感応道交の世界
  値遇ということ/いかなる国土を願うのか
  犀の角のようにただ独り歩め

〈著者紹介〉
  真宗大谷派僧侶・シンガーソングライター

仏さまから
信じられている

一縁会 編
800円+税
僅少
B6並製112頁

ISBN978-4-86566-071-5

報恩講法話集16

「仏さまのお力によって、浄土という世界に生まれさせていただく私に気づき、感謝と喜びの中に生きる」 ――短編法話30篇。テレフォン法話集第9弾

【目次より】
何のために生まれてきたのか? /弟の死に思う/阿弥陀さまのおすくい/何も知らずに生まれ出て/仏さまから信じられている/ようこそ仏教婦人会へ/そのまま救うという願い/ああ恵信尼さま/人生を超える道/阿弥陀さまと一緒に(その1)/いつもそばに居るでなぁ/「法を聞けよ」と鴬が鳴く/仏法に遇うためのいのち/阿弥陀さんの覚悟/安心したで、もう少し生きることにするわ!/夜昼つねに護られている 他

〈著者紹介〉
  澗 信澄/中澤見惠/内田正祥/山田雅教/渡辺悌爾/中澤見真
  山田容子/渡辺充子/渡辺潤爾/内田正海/山田教史

晩年の
親鸞聖人を
追慕して

海谷則之 著
1,800円+税
四六上製280頁

ISBN978-4-86566-070-8

報恩講法話集16

晩年の親鸞聖人は何を思い、どのように家族や門弟に接せられたのか。そのご事跡をたずねつつ、著作やお手紙などから等身大の聖人像に迫る。【著者自筆「親鸞聖人ゆかりの比叡山古道」地図を収録】

【目次より】
第一章 だれもが救われる道を求めて
(一)八瀬越横川道と六角堂参籠
(二)聖人の厳しさとやさしさ
(三)聖人と聖覚法印
第二章 なぜ慈信房善鸞を義絶されたのか
(一)性信房あての書簡
(二)『西方指南抄』編纂の意図
(三)顕智房と「自然法爾法語」
第三章 往生浄土の道を問う
(一)聖人と弁円の出遇い
(二)平太郎の熊野詣
(三)唯円房と他力の念仏
第四章 門弟への慈愛
(一)常随の蓮位房
(二)聖人に会って往生した覚信房
(三)本願念仏に生きた如信
第五章 『正像末法和讃』と聖徳太子奉讃
(一)『正像末法和讃』
(二)「恩徳讃」のこころ
(三)聖徳太子奉讃和讃
第六章 自然法爾の生活
(一)聖人を支えつづけた越後の恵信尼公
(二)聖人の老いと病
(三)聖人の最晩年の思い

〈著者紹介〉龍谷大学名誉教授

生も死も
受け容れる念仏
−祈りから感謝へ−

淺田恵真
天岸淨圓 著
800円+税
B6並製112頁

ISBN978-4-86566-069-2

【報恩講法話集19】

報恩講法話集16

淺田恵真
 
……若き親鸞聖人を偲ぶ
−比叡山の荒行・回峰行に思うこと−

天岸淨圓
 
……佐貫の三部経読誦におもう
−恵信尼さまのお手紙より−

二十年の比叡山の修行は、親鸞聖人にとって如何なるものだったのか、回峰行の苦行から他力の念仏への転換を語る一篇。
重なる飢饉に出会いながらも、“三部経千部読誦”を思いとどまらせた、他力の念仏に生きる聖人の姿を語る一篇。

〈著者紹介〉
  淺田恵真:本願寺派勧学・龍谷大学名誉教授
  天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師

親鸞聖人の南無阿弥陀佛
−六字釈のこころ−

梯 實圓 著
1,600円+税
四六並製208頁

ISBN978-4-86566-068-5

師訓篇を読む

善導大師の六字釈から親鸞聖人の“南無阿弥陀仏”の御自釈を、こころに染みいるように分かりやすく語る。
※既刊『報恩講法話集』収載「六字釈のこころ」を纏めた書

【目次より】
  「六字釈」のこころ(其の一)−帰命釈−
  「六字釈」のこころ(其の二)−発願回向釈−
  「六字釈」のこころ(其の三)−念仏とは何か−
  「六字釈」のこころ(其の四)−いのちの行方−

〈著者紹介〉本願寺派勧学

月のことば
−八百号記念−

若藤会 編
1,000円+税

B6並製108頁

ISBN978-4-86566-064-7

師訓篇を読む

浄土真宗のみ教えを凝縮し、み仏さまの言葉を伝える、人生を意義あらしめる潤いのある仏教ショートショート物語、100篇。

ビハーラと妙好人

ビハーラ医療団 編
1,800円+税

四六並製228頁

ISBN978-4-86566-067-8

師訓篇を読む

浄土真宗のビハーラは、生死のいのちを見極めた才市、源左、無相の宗教的世界に何を得ようとしているか、医師や仏教者等8人が説く講義録。【ビハーラ医療団講義集8】

【目次より】
 田代俊孝(仁愛大学学長)
  ……プロローグ ビハーラと妙好人
 駒澤 勝(医師/こまざわ小児科医院)
  ……妙好人とビハーラ
 松田正典(広島大学名誉教授)
  ……妙好人才市の生涯と世界観
 藤枝宏壽(福井医科大学名誉教授)
  ……ビハーラと妙好人
 相河明規(医師/大谷派光明寺衆徒)
  ……安楽死・尊厳死について思うこと
 志慶眞文雄(小児科医/「まなざし仏教塾」主宰)
  ……信心と一人称の死
 田畑正久(医師/龍谷大学大学院特任教授)
  ……医療と仏教の協働
 藤 泰澄(本願寺派専立寺住職/同派ビハーラ福岡代表)
  ……ビハーラ活動の原点を求めて

梯 實圓和上講話集
『歎異抄』師訓篇を読む 3
−第七条・第八条・第九条・第十条より−

梯 實圓 著
2,000円+税
A5上製・192
ISBN978-4-86566-062-3

師訓篇を読む

第九条の唯円房の“念仏申しても踊躍歓喜の心おこらず”の問いに答えた親鸞聖人の浄土往生を中心に詳説。

【目次より】
第七条
〜無礙の一道について〜
〈一〉尽十方無礙光如来の名告り
〈二〉無礙光如来のはたらき
〈三〉私を呼び覚ます如来の言葉
第八条
〜“非行・非善”について〜
〈一〉『弥陀経義集』の『宝号経』よりの言葉
〈二〉御聖教とその他の文献との違い
〈三〉T非行・非善Uの意味
第九条
(1)〜他力の悲願はわれらがためなりけり〜
〈一〉唯円房の問いの意味するもの
〈二〉問いの一つ、浄土を願うこころ
〈三〉問いのもう一つ、念仏往生者の生き方
〈四〉煩悩具足の凡夫と気づかされて
(2)〜浄土へいそぎまゐりたきこころのなくて〜
〈一〉“教えのとおりに生ききれない”唯円房の問い
〈二〉浄土教の旗印「厭離穢土欣求浄土」
〈三〉後世者・仏法者の生き方
〈四〉後世者とは違った、親鸞聖人の生き方
第十条
〜“義なきを義とす”という他力のこころ〜
〈一〉法然聖人からの直接のお言葉
〈二〉深い宗教心に溢れた、日頃の法然聖人の言葉
〈三〉親鸞聖人が受けとめた“義なき”とは

〈著者紹介〉本願寺派勧学

梯 實圓和上講話集
『歎異抄』師訓篇を読む 2
−第三条・第四条・第五条・第六条より−

梯 實圓 著
2,000円+税
A5上製・208
ISBN978-4-86566-061-6

師訓篇を読む

法然聖人から伝授された悪人正機説の真意を分かりやすく説き、聖道と浄土の慈悲、父母の孝養念仏、弟子一人持たずと言った、親鸞聖人の本願の念仏に生きる姿を語る。

【目次より】
第三条
(1)〜悪人正機説の源流〜
悪人正機は法然聖人の言葉
(2)〜悪人正機のこころ〜
〈一〉仏教における善悪とは
〈二〉大悲の必然としての救い
(3)〜悪人正機の意義〜
〈一〉善悪を超えたさとりの世界
〈二〉他力をたのむ悪人
第四条
〜聖道門と浄土門〜
〈一〉慈悲のこころ
〈二〉無力さゆえに開かれる浄土の慈悲
第五条
〜孝養念仏について〜
〈一〉追善回向と仏教の回向
〈二〉追善を越えた“世々生々の父母・兄弟”
第六条
〜“弟子一人ももたず候ふ”について〜
〈一〉真実の師に出遇うということ
〈二〉知識帰命の危険性
〈三〉師と弟子の区別なく全てが仏の子ども

〈著者紹介〉本願寺派勧学

平太郎の熊野詣と
源信和尚の念仏

天岸淨圓
淺田恵真 著
800円+税
B6並製112頁

ISBN978-4-86566-060-9

【報恩講法話集18】

報恩講法話集18

天岸淨圓
……念仏者の拝むべきもの
−平太郎の熊野詣より−

淺田恵真
……『往生要集』の念仏

『御伝鈔』の平太郎の段より念仏者の拝むべきものとは何かを語る法話。源信和尚一千年忌の今、『往生要集』の大悲の念仏を説く法話。二篇を収録。

〈著者紹介〉
  天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師
  淺田恵真:本願寺派勧学・龍谷大学名誉教授

無明の酔いをさます阿弥陀仏の薬

天岸淨圓 著
1,000円+税
B6並製124頁

ISBN978-4-86566-059-3

阿弥陀仏の薬

西本願寺第25代専如ご門主・ご親教「念仏者の生き方」から、今、我々が“無明の酔いからさめて”いく姿を、親鸞聖人八十歳の「御消息」から説く。−真宗門徒生き方読本−

【目次より】
「念仏者の生き方」という「ご親教」をいただいて/聖教は究極の他力性を明かすもの/なぜ、阿弥陀さまを拝むの/阿弥陀仏の願いを聞く「今」/「はずかしい」と気づいた宗教的時間の「今」/「浄土の教」の内容/『御消息』に見られる“放逸無慚”/本願を誤解した「一念・多念」の領解/『歎異抄』の背景/「一念義」系の持つ宗教的危険性/「われもひとも、よしあし」の論争に結論づけた『歎異抄』/「仁義為先・王法為本」の宗教空間/「ご親教」に願われた浄土真宗の行動論 ほか

〈著者紹介〉本願寺派布教使・行信教校講師

梯 實圓和上講話集
『歎異抄』師訓篇を読む 1
−前序・第一条・第二条より−

梯 實圓 著
2,000円+税
A5上製・224
ISBN978-4-86566-058-6

師訓篇を読む

唯円房が“命がけで聞き注した”『歎異抄』第一条から第十条の師訓のご法語を、真宗の碩学・梯實圓和上が、ご本願への深い頷きとともに語る、七十歳代の渾身の講話集。

【目次より】
前序
〜先師の口伝の真信に異なることを歎き〜
〈一〉『歎異抄』の著者
〈二〉『歎異抄』執筆の動機と構成
第一条
(1)〜弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて〜
〈一〉弥陀の誓願とは
〈二〉抑止の仏意
〈三〉本願の信行
(2)〜弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず〜
〈一〉老少と善悪
〈二〉ただ信心を要とす
(3)〜善も欲しからず、悪も畏れなし〜
第二条
(1)〜往生極楽のみち〜
〈一〉命がけの旅路をこえて
〈二〉お念仏に統合され導かれた人生
(2)〜ただ念仏して〜
〈一〉選択本願念仏の教え
〈二〉法然聖人との出遇い
(3)〜よき人の仰せ〜
〈一〉法然聖人による発想の転換
〈二〉本願を仰いで念仏する

〈著者紹介〉本願寺派勧学

信を得ることとビハーラ

ビハーラ医療団 編
1,500円+税

四六並製144頁

ISBN978-4-86566-056-2

ビハーラ医療団7

老病死と向き合う中、いかにその苦を乗りこえていくか。仏の願いを「ただ聞く」という「信心」に、ビハーラが拡がる五篇。【ビハーラ医療団講義集7】

【目次より】
 松田正典(広島大学名誉教授)
  ……ビハーラの学びと信心獲得
 古田龍太郎(精神科医)
  ……私と仏法との出遇い
 田代俊孝(仁愛大学学長)
  ……臨終まつことなし・来迎たのむことなし
 田畑正久(医師/龍谷大学大学院特任教授)
  ……宿命(老病死を含む)転じて使命に生きる
 志慶眞文雄(小児科医/「まなざし仏教塾」主宰)
  ……涅槃寂静への道

自然の声に聞く

大田利生 著
800円+税
B6並製68頁

ISBN978-4-86566-055-5

自然の声に聞く

互いの言葉や季節のうつろいに、耳を澄まして、目を向ければ、それぞれがひとつにとけあう自他一如の世界がひろがる。「自照同人」巻頭言集。

【目次より】
染香人/ケイ蛄春秋を識らず/水中の月影/紅葉から/冬の日本海/桜の花に思う/雨を聴く/蓮の華/キンモクセイ/黄落/鐘のある風景/才市さんの詩/枠をつくって/私と向き合う/時の流れ/融け合う/敬意と柔軟心/妙好人喜兵衛さん/もう一つの美しさ/自他一如の世界

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派勧学・龍谷大学名誉教授

七日参りのお話

竹中尚文 著
1,000円+税
四六並製98頁
僅少
ISBN978-4-86566-052-4

七日参りのお話

親を亡くした子どもへ無常の理を説き、遺族の喪失感を癒す、四十九日までの仏教に出遇う中陰法話集。

【目次より】
初七日
成仏/日本の宗派/信じる/あるお葬式/出棺/お父さんはどこ?
二七日
本願力にあひぬれば/導師として/娘の死/仏の説法
三七日
いなくなった存在/仏様の存在/親鸞聖人と家族/母の死/仏の存在
四七日
『仏説阿弥陀経』/『阿弥陀経』の序論/極楽/往生/六方段/結論
五七日
なんまんだぶ/南無阿弥陀仏とは/南無阿弥陀仏の意味/『竹取物語』/阿弥陀仏の力
六七日
あの人はどこに/仏身論/応身仏と報身仏/法身仏/ある老婦人の話/母親の涙
四十九日
どう生きていくのか/本願/秋雄さんの死/本願に遇う/「七日参り」の終わりに

〈著者紹介〉本願寺派専光寺住職

私の親鸞聖人伝

板倉耕整 著
1,000円+税
B6並製80頁

ISBN978-4-86566-051-7

親鸞聖人伝

親鸞聖人の九十年のご生涯を、『親鸞聖人伝絵』に添って、各場面の情景とともにわかり易く説く。歴史背景をふまえた親鸞伝入門。

【目次より】
1、親鸞聖人ご誕生の頃の時代の様子/2、親鸞聖人がご出家・得度された理由とその様子/3、比叡山でのご修行と学問/4、下山された理由/5、六角堂の参籠/6、法然聖人との出遇い/7、法然聖人の門下生としての学びと出来事/8、法然聖人門下の専修念仏教団が弾圧を受ける/9、親鸞聖人と恵信尼公との結婚について/10、流罪地越後でのご生活/11、流罪が赦免される/12、法然聖人のご一生と、法然聖人のご逝去 /13、越後を去り、関東に移住された/14、常陸の国、稲田での布教活動/15、帰洛途中の箱根での出来事/16、京都でのご著作生活と関東の弟子の訪問/17、善鸞事件について/18、親鸞聖人のご往生、荼毘、墓碑の建立/19、覚信尼公について

〈著者紹介〉本願寺派布教使。愛知県・善行寺前住職

仏教と医療の
協力関係

浄土真宗本願寺派
ビハーラ大分 編
1,200円+税
B6並製106頁

ISBN978-4-86566-050-0

仏教と医療の協力関係

“患者の立場から”“介護者の立場から”“遺族の視点から”、老病死を受容していく仏教と医療の新しい文化による対話とケアを提言する。〈講演と医師・僧侶のパネルディスカッション〉

【目次より】
【記念講演】
心の対話と心のケア〜患者理解と介護疲弊〜
   
……カール・べッカー
〈患者の立場から〉
患者にしかできないこと/心に寄り添う/リビング・ウィルを伝える
〈介護者の立場から〉
介護者の態度が患者に反映する/日本に伝わる精神安定法
〈遺族からの視点〉
つながる絆/二重の不幸に見舞われない文化 他
【パネルディスカッション】
仏教と医療の協力関係
   
……カール・べッカー 田畑正久 藤富豊 山岡憲夫 高橋篤法
仏教と医療の新しい文化/家族・親族と一緒に悩んで決める/自宅で最期を看取る/悪いニュースも共有する雰囲気/患者に寄り添うということ 他

〈著者紹介〉
  カール・ベッカー(京都大学教授)
  田畑正久(医師)/藤富 豊(医師)/山岡憲夫(医師)/高橋篤法(僧侶)

仏弟子ものがたり

豊原大成 著
1,500円+税
四六並製160頁

ISBN978-4-86566-049-4

仏弟子ものがたり

舎利弗、阿難等仏弟子20人の人間模様を綴り、聖徳太子をはじめ仏の教えに生きた人びとの事蹟より、今ある身を喜ぶ「米寿記念法話集」。

【目次より】
遠く宿縁を慶べ
聖徳太子/仏教は歌と共に/涅槃会
お念仏つれづれ
ダライ・ラマ/目足/“今日も行く、明日も行く”/帰 命/五月晴れ/一寸の光陰
仏弟子に学ぶ
舎利弗・摩訶目ケン連・摩訶迦葉〈三大弟子/阿 難/周利槃陀迦〈掃除によって覚りを開く〉/優波離〈規律を誦える〉/賓頭盧頗羅堕〈コーサンビー国にて〉/迦留陀夷〈釈尊の幼な友達〉/離婆多〈舎利弗の弟〉/摩訶劫賓那〈勇猛な修行者〉/薄拘羅〈精進・無病第一〉/迦葉三兄弟〈千人の弟子を伴う〉/千二百五十人倶 他

〈著者紹介〉 浄土真宗本願寺派元総長

参らせてもらうでね!

一縁会 編
800円+税
B6並製104頁

ISBN978-4-86566-047-0

参らせてもらうでね

必ず、この“いのち”をめでたしと終わらせていただく日常の暮らし方を綴る短編法話30篇。テレフォン法話集第8弾

【目次より】
仏さまのモノサシこそ我が心の司令塔/伝えること、伝え続けていくこと/出会い/無知の罪に気づく/幸せの度合いを計る計算式/ 夕暮れの雲/聴聞の場/お慈悲は幸せホルモン/餓鬼の世界/僕もいつか死ぬの?/お彼岸をいただいて生きる/少欲知足/仏にする/「ようお勤めなして」「ようお参りなして」/うれしい声かけ 他

〈著者紹介〉
  澗 信澄/渡辺悌爾/中澤見惠/渡辺充子/内田正祥/山田雅教
  山田容子/中澤見真/渡辺潤爾/内田正海/山田教史

慈光の旅
−信仰と反省−

井上善右衛門 著
芦屋仏教会館 編
1,500円+税
四六並製176頁

ISBN978-4-86566-048-7

慈光の旅

信心からなるその自省と思索の言葉は、半世紀の時を経て、合理主義・利己主義に傾く現代人の心のありようを問う。折々の随想38篇。

【目次より】
我が身を知る/思念と予想/見えぬ真実/悲心/実相/時間/眠り安らか/人間の価値/驚き/飛鳥の建築/定胤猊下/法の相続/人と法/親二題/母あり子あり/二つの家庭/遷流/奇行/はげみと精進/瞋恚/日々新/凡夫の自覚/自由/幻想/心の大地/正見/真偽/ありのまま/精神の生きる道/彼岸と此岸/二利円満/天地長育/大悲と利益/道徳と宗教/批判精神/志願満足/希望/随想

〈著者紹介〉元神戸商科大学学長・元芦屋仏教会館理事長

恩に気づく
生きかた

淺田恵真
天岸淨圓 著
800円+税
品切
B6並製104頁

ISBN978-4-86566-045-6

【報恩講法話集17】

報恩講法話集17

淺田恵真
……念仏の教えにて中道を歩む
天岸淨圓
……恩を知るということ

「恩」を感じにくくなった今、仏恩によってこそ、人が正しく「まこと」を心に宿す、お念仏を拠りどころとした生き方を語る。報恩講法話2篇。

〈著者紹介〉
淺田恵真:本願寺派勧学・龍谷大学名誉教授
天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師

ビハーラと
『歎異抄』による救い

ビハーラ医療団 編
1,800円+税

四六並製254頁

ISBN978-4-86566-042-5

ビハーラ6

『歎異抄』に気づかされ、救われていく姿を、両手両足無き身の中村久子の生涯とビハーラの医療現場から説く8篇。【ビハーラ医療団講義集6】

【目次より】
 三島多聞(中村久子女史顕彰会会長)
  ……中村久子と『歎異抄』
 田代俊孝(本会世話人代表)
  ……『歎異抄』で死を超えていった念仏者たち
 志慶眞文雄(医師/「まなざし仏教塾」主宰)
  ……『歎異抄』に学ぶビハーラの道
 田畑正久(医師/龍谷大学大学院特任教授)
  ……老病死の受容と『歎異抄』第九章
 宮崎幸枝(医師/みやざきホスピタル副院長)
  ……ビハーラと『歎異抄』と人生の解決
 藤枝宏壽(福井医科大学名誉教授)
  ……真実の慈悲
 相河明規(医師/大谷派光明寺衆徒)
  ……病院での死・自宅での死
 解説『歎異抄』について(田代俊孝)

無我仏教を語りつぐ
−正福寺通信−

林寺脩明 著
1,500円+税
A5並製160頁

ISBN978-4-86566-038-8

報恩講法話集16

二葉憲香・塩尻公明の両師の教えを受け、50代で中学校教諭を辞して大阪の寺に入る。学級から寺へと発信元をかえ、現代社会における仏教に照らされた生き方を熱く語る仏教短篇随想集。

【目次より】
正福寺通信より−無我仏教を語りつぐ−
お世話さまの人間世界/恩徳讃再考/慈悲と智慧−塩尻・二葉両先生の恩徳−/《土徳》に育まれて/法事は何のために、誰のために/あるがままに老いを生きる ほか
正福寺通信新年号特集(2007年から2017年)
最教育現場に求めるもの/「資格」を思う/それぞれの道に「初心」を/「無償」のめぐみに目覚めよ ほか
正福寺通信 330号に寄せる記念特集
我が想い 四篇

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派・大阪教区正福寺前住職

お坊さんのいる病院
−あそかビハーラ病院の緩和ケア−

あそかビハーラ病院 編
1,200円+税
A5並製140頁

ISBN978-4-86566-039-5

報恩講法話集16

がん患者の心身両面の苦しみを癒す、僧侶が常駐する「あそかビハーラ病院」。医療と仏教が融合する「緩和ケア」のありようを、医師、看護師、僧侶、そして患者家族が書きおろすTビハーラU病院ドキュメント。

【目次より】
第1章 お坊さんのいる病院

お坊さんのいる病院の風景
ホスピス・緩和ケアとは ほか
第2章 あそかの緩和ケア
最期の時間を共有する
「生」と「死」をつなぐ懸け橋に
お看取りとエンゼルケア
お別れ会と初盆法要 ほか
第3章 ご家族、報道の方の目から
報恩と感謝の病院「あそかビハーラ」
患者とスタッフ、生の共有と認め合う心
医師が泣く病院 ほか
第4章 今後の展開
僧侶がいる急性期病院
スピリチュアルペインへの対処 ほか

ばあばあの
おめめは仏さま

海野公子 著
1,500円+税
四六並製204頁

ISBN978-4-86566-037-1

報恩講法話集16

仏教讃歌合唱団の立ち上げ、その指揮者のガンの闘病と死、自らのバセドウ氏病の病床記録等、法友たちとの交流と如来のご恩によって乗り越えていった聞法生活を綴る。

【目次より】
第一部 聞法の歩み−み教えと法友に出遇えて

『私のお父ちゃんでありがとう』という本/母の介護/讃歌衆T響流シュルカU結成/「家庭法座」を開催  ほか
第二部 病床つれづれ−法友にささえられて

〈著者紹介〉薬剤師・浄土真宗本願寺派長野教区門徒推進員

お念仏の
真実に気づく

天岸淨圓 
淺田恵真 著
800円+税
僅少
B6並製112頁

ISBN978-4-86566-033-3

報恩講法話集16

天岸淨圓
 
……自力を捨てて本願に帰す
淺田恵真
 
……諸行無常から仏様の真実の世界へ
   
−九條武子様の歌より

善悪平等に救うという仏の立場から、自力を捨てた他力の愚者の姿を説き、関東大震災に遭われた九條武子様の歌より、諸行無常の現実と自己の力なさを信知した仏の真実の世界を語る、報恩講法話2篇。
【報恩講法話集16】

〈著者紹介〉
  天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師
  淺田恵真:本願寺派勧学・龍谷大学名誉教授

浄土真宗の
すくい

芦屋仏教会館 編
800円+税

四六並製104頁

ISBN978-4-86566-030-2

浄土真宗のすくい

真宗を代表する念仏者が、「他力の信心」「本願の念仏」「現生正定聚」をキーワードに、“真実の救いの道”について経験を通して味わい語る講話三篇。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第11弾

【目次より】
  澤田秀丸 …… 他力の信心
  松田正典 …… 本願の念仏−末徹りたる大慈悲−
  天岸淨圓 …… ただ念仏のみぞまこと

〈著者紹介〉
  澤田秀丸:真宗大谷派清澤寺前住職・前旭川別院輪番・布教使
  松田正典:(財)広島大学仏教青年会理事長・広島大学名誉教授
  天岸淨圓:行信教校講師・布教使

ビハーラの
往生と成仏

ビハーラ医療団 編
1,800円+税

四六並製232頁

ISBN978-4-86566-032-6

ビハーラ5

仏教者と医療者が、各々の視点から親鸞の往生と成仏を語る。現生か臨終の往生か、また成仏の意味するところについて論及した7篇。【ビハーラ医療団講義集5】

【目次より】
 田代俊孝(同朋大学大学院教授)
  ……来迎から摂取へ
 徳永一道(本願寺派勧学寮頭)
  ……往生と成仏について
 安冨信哉(真宗大谷派教学研究所長)
  ……往生極楽のみち
 駒澤 勝(医師・小児科学会代議員)
  ……往生とビハーラ
 志慶眞文雄(医師・まなざし仏教塾主宰)
  ……真実のいのちの領域への目覚め
 藤枝宏壽(福井医科大学名誉教授)
  ……往生から成仏への転成
 田畑正久(龍谷大学大学院実践真宗学研究科教授)
  ……死んで往くことの物語

母の掌
−わたしの戦争と平和

浅田純雄 著
1,200円+税
A5並製80頁

ISBN978-4-86566-028-9

母の掌

92歳の著者が、自らの招集体験と南シナ海で戦死した親族のことなど、先の戦争の悲惨さを語る。
平和を求める拠り所を『無量寿経』「兵戈無用」の教えに見出し、仏教の智慧と慈悲は「憲法九条」の精神に通じていることを語る。

【目次より】
 母の掌
 三人の愛児を残して南海に沈んだ叔父
 わたしの戦争と平和−若い諸君へ−
 懺悔の気持ちをこそ
 ノーベル平和賞を「九条を保持する日本国民に」について

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派・明光寺前住職

荊棘林
Thorn Bush
-Reflections on Buddhist Thoughts-

稲垣久雄 著
1,300円+税
A5並製150頁

ISBN978-4-86566-026-5

お念仏申してごらん

浄土真宗の教えを広く内外に伝えることに生涯をかけて実践する著者が、自らの悟りへの思いを漢詩に託し英訳することで、さらに仏教の教えを広めようと試みる50の佛教漢詩と英訳、第1集。

〈著者紹介〉龍谷大学名誉教授

たった一つの道

一縁会 編
800円+税
B6並製112頁

ISBN978-4-86566-023-4

お念仏申してごらん

人生の道のりの景色は違っても、お念仏とともに歩む道には豊かな世界が広がる――短編法話30篇。テレフォン法話集第7弾

【目次より】
「親不孝」を省みるご縁/絆ということ/教えを伝え続けていくこと/「うらやましい死に方」に学ぶ/光明てらして ほがらかに……/我ら煩悩具足の凡夫のためなり/父のお浄土へのはなむけに/なぜ、お参りしなければならないのか?/お墓ムあなたはどう思いますか?/「死んどるやないか。わしに用は無いわ」 他

〈著者紹介〉
  澗 信澄/渡辺悌爾/中澤見惠/渡辺充子/内田正祥
  山田雅教/山田容子/中澤見真/渡辺潤爾

お念仏の
仏道を歩む

天岸淨圓 
淺田恵真 著
800円+税
品切
B6並製120頁

ISBN978-4-86566-020-3

報恩講法話集14

天岸淨圓
 
……「慈悲」の仏さまをおもう
淺田恵真
 
……仏道における主人公は誰か

私自身が仏に成れるか成れないかという問いを持ち、お念仏の「浄土門」の入口から、私の人生のあり方と目標を問う、報恩講法話2篇。
【報恩講法話集15】

〈著者紹介〉
  天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師
  淺田恵真:本願寺派勧学

如来のまなざしの中を

志慶眞文雄 著
2,000円+税

品切
四六並製216頁

ISBN978-4-86566-019-7

如来のまなざし

沖縄の小児科医であり、「まなざし仏教塾」を主宰する著者が、生死を超える道と根源的な人間の生を、自らの聞法の体験から語る。

【目次より】
  コラム『落ち穂』
  マルティン・ブーバーの衝撃の語録『我と汝』を読む
  「まなざし」巻頭言集
  生死をこえる道としてのビハーラ活動

〈著者紹介〉
  小児科医・まなざし仏教塾代表

他力の「ビハーラ」

ビハーラ医療団 編
1,500円+税

四六並製224頁

ISBN978-4-86566-016-6

ビハーラ4

医師・僧侶・患者が死の迫った時間を共有するとき、大切なものは何か。「自信教人信」の立場で聞法する医療者たちが、心のゆくえを照らし護る仏の教えを示す8篇。【ビハーラ医療団講義集4】

【目次より】
 五十嵐雄道(佐賀大学医学部非常勤講師 本派僧侶)
   
……死の準備教育で思うこと
 栗田正弘(医師/宮崎 内田医院 本派僧侶)
   
……患者さんとの別れを通しての気づき
 宮本直治(薬剤師/大阪 北野病院 本派僧侶)
   
……見直されるべきお寺の力−死に向き合える場−
 相河明規(医師/東京 ケアタウン小平クリニック 大谷派僧侶)
   
……苦しみに向き合っていく中での阿弥陀さまとの再会!?
      −見えてきた!? ビハーラ活動実践のヒント−
 田畑正久(医師/龍谷大学大学院教授)
   
……仏教が教える物語
 志慶眞文雄(医師/沖縄 しげま小児科医院)
   
……他力の仏法なくば、何をもってか生死を出離せん
 内田桂太(医師/新潟 かもしか病院 大谷派僧侶)
   
……本願が示すビハーラの方向性−穢土の救済に起ち上がれ−
 田代俊孝(同朋大学大学院教授/大谷派僧侶)
   
……ビハーラ往生のすすめ−仏教による安らぎ−

老いて聞く
安らぎへの法話

藤枝宏壽 著
926円+税

品切
四六並製136頁

ISBN978-4-86566-018-0

安らぎへの法話

高齢化社会を迎えた今、豊かに老い、安らぎの中に日暮らしを送るために、仏教の智慧により生死を見つめ直す12篇。

【目次より】

〈推薦のことば〉いのちの溝の光
           ……梶原佑倖

1.苦しむからこそ/2.みほとけもともに/3.死ぬのがこわい?/4.死にたくない/5.「まかせよ ハイ」/6.光といのち/7.飛ぶ鳥還る/8.ともに会う世界/9.人を救うはたらきに/10.人間と生まれたら/11.恨みも罪も転じられて/12.さいごの仕事

〈著者紹介〉
  福井医科大学名誉教授・真宗出雲路派了慶寺住職

最期にビハーラは
何ができるか

福永憲子 著
1,800円+税

四六並製216頁

ISBN978-4-86566-015-9

最期にビハーラは

在宅死より病院死が圧倒的に多い現代人の「死」を取り巻く環境の中、終末期の患者の周辺では何が起こっているか。
シシリー・ソンダースのホスピスから仏教のビハーラ施設の誕生の経緯、今求められている宗教的ケアと「日本的看取り」のあるべき姿を、長年の看護師経験をもとに、宗教社会学、死生学の分野より論述。

【目次より】
  第一章 死する存在としての人間
  第二章 現代の死にゆく人の環境
  第三章 病院内におけるスピリチュアルケアのあり方
  第四章 死ぬことを支えるマンパワーとしての医療従事者

〈著者紹介〉
  看護師・本願寺派坊守

『歎異抄』
後序のこころ

芦屋仏教会館 編
1,000円+税

四六並製128頁

ISBN978-4-86566-010-4

後序のこころ

信心とは、念仏とは、救いとは何か。『歎異抄』後序の親鸞聖人のお言葉により、他力真宗の正意、“信心正因・念仏往生”のみ教えを味わう。梯實圓和上最後の夏期講座を活字化。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第10弾

【目次より】
  梯 實圓 …… 信心一異の諍論
  松田正典 …… 親鸞一人がためなりけり
  天岸淨圓 …… ただ念仏のみぞまこと

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学
  松田正典:くらしき作陽大学客員教授・広島大学名誉教授
  天岸淨圓:行信教校講師

石見と安芸の
妙好人に出遇う
−人生の旅人たち−

神 英雄 著
1,500円+税
A5並製208頁

ISBN978-4-86566-012-8

他力の五七五(3)

浄土真宗の教えに照らされた妙好人たちの生き方を追い求める60篇。
挿画 横山由美子

【目次より】
序……幡谷 明(大谷大学名誉教授)
妙好人のふるさと−仰誓と市木の浄泉寺/幼な子に教えられる−医師 石橋寿閑/芋代官と石見人−大森代官 井戸平左衛門/才市の文字−喜びに躍る、丸っこい字/堪忍してもらう−西田天香と因幡の源左/友と語り合う喜び−善太郎と磯七の交流/障子の穴−小川仲造/可部の同行と有福の善太郎/みんな善知識 ほか

〈著者紹介〉
  神 英雄:安来市加納美術館館長

浄土から届く
真実の教え
−『教行証文類』のこころ−

梯 實圓 著
1,000円+税
四六並製120頁

ISBN978-4-86566-011-1

他力の五七五(3)

『教行証文類』のご撰述の理由、さらには、如来の本願によって浄土に生まれ往く姿と「自他一如」「生死一如」の慈悲の境地を語り尽くす2篇。(あとがき:梯 信暁)

【目次より】
  第一講 法然聖人の教えから『教行証文類』の執筆へ
  第二講 いのちの喜びを与える「南無阿弥陀仏」

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学

他力の五七五
−たゞ なもあみだ

橋本半風子 著
2,400円+税
四六上製222頁

ISBN978-4-86566-007-4

他力の五七五(3)

ふとふれた風景や草花、昆虫に如来の喚び声を聞き、無限のいのちの中にあるわが身に気づかされてゆく。お念仏の中に生かされて生きぬく日暮しの喜びを、俳句とエッセーで綴るシリーズ第3集。

【目次より】
  第一部 お喚び声の中で
  第二部 折々のよろこび

愚者になりて
往生す

淺田恵真
梯 實圓 著
800円+税

品切
B6並製120頁

ISBN978-4-86566-006-7

報恩講法話集14

常行三昧の苦行から親鸞聖人をおもう淺田恵真和上の法話と、法然聖人の「愚痴にかえって極楽に生まれる」のお心を説く梯實圓和上の最後の報恩講法話。
【報恩講法話集14】

【目次より】
  淺田恵真 ……“常行三昧”の修行から親鸞聖人を想う
  梯 實圓 ……愚者になりて往生す

〈著者紹介〉
  淺田恵真:本願寺派勧学
  梯 實圓:本願寺派勧学

『群萌』誌50年
−真宗諸派32人による法話集

白毫会 編
1,112円+税

四六並製184頁

ISBN978-4-86566-004-3

群萌誌50年

真宗王国・北陸で、半世紀にわたり会報誌『群萌』を発行し続ける教職・伝道者の会、白毫会。過去200号に及ぶ紙面より、お念仏の味わいを平易に綴った珠玉の法話50篇を収載。

【目次より】
いのち

ともしび/帰命無量寿如来 南無不可思議光/母の死/身を病んで…/おしゃりん/千の風になって/真宗とカウンセリング/白蓮華 ほか
世の中

一パーセント/魂の分裂/=僧俗問答=「嘘も方便」とは/浄土真宗これから/百日紅/キレル世の中/わたしの願い/圏外孤独? ほか
気づき

一期一会/清浄心/心を弘誓の佛地に樹つ/日本全国報恩講/群萌に真実の利益/ただ念仏して/「学佛大悲心」について/仏に救われるということ ほか
み教え

バラの木にバラの花咲く/啾々に想う/学仏大悲心/信心の要/「浄土」を語ろう/仏願に乗ずるを、わが命となす/大寂定にいりたまひ/「南無阿弥陀仏」が生きがい ほか

「穢土」の看取りと
「浄土」の看取り

ビハーラ医療団 編
1,500円+税

四六並製220頁

ISBN978-4-86566-005-0

ビハーラ3

終末期に於ける科学医療の限界を指摘し、ビハーラの理念のもとで、医療者たちが“よく生き、よく死ぬ世界”をそれぞれの現場から語る。仏に照らされていかに生死を超えていくかという、医療者たちの聞法の歩み。【ビハーラ医療団講義集3】

【目次より】
 宮本直治(薬剤師/大阪 北野病院 本派僧侶)
   
……“こころ”の再生へ−ガンが生み出す力−
 月江教昭(医師/福岡 那珂川病院 本派僧侶)
   
……医者と僧侶の挟間で
      〜より良く生きるとは?緩和ケア病棟での事例を通して〜
 栗田正弘(医師/宮崎 内田医院 本派僧侶)
   
……私にとってのお浄土−医者と僧侶の二刀流−
 駒澤 勝(医師/岡山 こまざわ小児科医院 真宗門徒)
   ……裏から見た阿弥陀仏と私
 志慶眞文雄(医師/沖縄 しげま小児科医院)
   
……生死を超える道としてのビハーラ活動
 内田桂太(医師/新潟 かもしか病院 大谷派僧侶)
   
……ビハーラが持ち合わせる作為性
 田畑正久(医師/大分 佐藤第二病院 龍谷大学大学院特任教授)
   
……仏教から見る医療文化の問題点
 田代俊孝(同朋大学大学院教授/大谷派僧侶)
   
……生死の苦を離れる−自力に死して他力に生きる−

いのちの花を
咲かせよう

鈴木君代 著
1,200円+税

四六並製184頁

ISBN978-4-86566-003-6

いのちの花を咲かせよう

女性僧侶シンガーの草分けが、親鸞聖人のみ教えに生き、私は私であることの“いのちの喜び”と非戦や平和を求める仏教の社会的役割を自らの詩に乗せて歌い綴る。

【目次より】
  お坊さんに憬れて…
  あなたに遇えてよかった
  papa, don't cry−私に遇うために−
  「よきひと」に遇いたい−報恩講−
  滅びしものはなつかしきかな
  死んだのではない。その人は生きたのです。
  決定して自心を建立せよ
  兵戈無用
  願われた名 奪われた名
  世界は夜明けを待っている。 他

〈著者紹介〉
  真宗大谷派僧侶・シンガーソングライター

まことの教えへの道

中西智海 著
800円+税
四六並製84頁

ISBN978-4-903858-99-9

まことの教えへの道

宗教的情操を育む機会が急速に失われてゆくなか、本物の仏教をどのように伝えていけばいいのか。真宗の教えとその救いのポイントを熱く語った、平成17年芦屋仏教会館連続講話録。

【目次より】
いのちと人生をみつめて

仏教への入り口/人間は真実追究の生き物/生死貫通の真実を語る
ほんとう(真実)ということ

それ自身をありのままに見る目/煩悩を転じていく人生/光に照らされて闇を知る
「われら」の救い

救いの対象は個に限るか/念仏のみぞまこと/個も全もともに救う教え

〈著者紹介〉
  相愛大学名誉教授・本願寺派勧学

“いのち”を見直す
今ひとつの視点

藤枝宏壽 著
1,000円+税
品切
四六並製144頁

ISBN978-4-903858-98-2

いのちを見直す今ひとつの視点

日頃の常識を離れ、視点を変えて自分の人生を見直すことにより、今まで気づかなかった豊かないのちの世界が開かれる。傘寿を迎えた真宗僧侶が綴る“愚痴が感謝に変わる”14の視点。

【目次より】
「この世は娑婆」という視点 
「無常とは我が身のこと」という視点 
「わが煩悩は根深い」という視点  
「合理主義だけではいけない」という視点 
「生まれ甲斐」という視点 
「浄土の光は只今も」という視点
「念仏は最も具体的」という視点
「=この世からの救い=仏恩に生きる」という視点
「他のために生きる」という視点 他

〈著者紹介〉
  福井医科大学名誉教授・真宗出雲路派了慶寺住職

お念仏申してごらん

一縁会 編
800円+税
B6並製112頁

ISBN978-4-903858-96-8

お念仏申してごらん

いつまでも変わらない「たいせつなもの」を伝え続けて30年、お念仏のぬくもりと味わいが広がる短篇法話30篇。テレフォン法話集第6弾

【目次より】
死んだ者の寿命/祖父の思い出/お念仏申してごらん/仏法は心身の免疫力を高める/飛んで苦に入る 欲の虫/蛍の火で須弥山を焼くなんて!/「いのちと願い」の声/不慮の死がご縁となって/「寺友」を作ろう/いのちの目的地=お浄土 他

〈著者紹介〉
  山田雅教/山田容子/澗 信澄/渡辺悌爾
  渡辺潤爾/中澤見惠/中澤見真/内田正祥

すでに門は
開かれていた!

海谷則之 著
1,000円+税
四六並製142頁

ISBN978-4-903858-95-1

すでに門は開かれていた

いのちを軽んじる風潮が広がるなか、長年、瀬戸内の寺院住職を務め、大学で宗教教育を講じてきた著者が、いのちのありようと昨今の教育について綴る寺報法話33篇。

【目次より】
  第1章 親鸞聖人に学ぶ
  第2章 ご縁を大切にしよう
  第3章 いのちを慈しむ
  第4章 病苦を越えて
  第5章 愚かさにめざめる
  第6章 やさしさに出会う

〈著者紹介〉龍谷大学名誉教授

闇を照らす
光の言葉

梯 實圓
淺田恵真 著
800円+税
品切
B6並製110頁

ISBN978-4-903858-94-4

報恩講法話集13

ただ今の「いのち」の中において、心の闇を照らす仏の言葉に出遇い、自らのいのちの行方を深く思う法話2篇。
【報恩講法話集13】

【目次より】
  梯 實圓 ……「華光出仏」のこころ
  淺田恵真 ……恩愛の絆を断ちて

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学・行信教校前校長
  淺田恵真:本願寺派勧学・龍谷大学教授

念仏医療者
たちの
臨床聞法録

−ビハーラ医療団講義集II−

ビハーラ医療団 編
1,400円+税
四六並製・224頁
ISBN978-4-903858-93-7

ビハーラ医療団2

ビハーラ医療団編集の“いのちを問う”シリーズ第2作。
終末期医療のあり方が問われ、人として人生を全うしていくには、緩和医療とともに宗教的“信”の重要性が説かれる。自らの「生死出離の道」を問い続け、念仏の信を人生の糧とした医療者たちが、ビハーラの本来のあるべき姿を問う講義集。(2012年度研修会 於 宮崎市安楽寺会館)

【目次より】
 内田桂太(医師/新潟 かもしか病院 大谷派僧侶)
   
……ビハーラの立ち位置
 田代俊孝(同朋大学大学院教授/大谷派僧侶)
   
……韋堤希の生と死
 駒澤 勝(医師/岡山 こまざわ小児科医院 真宗門徒)
   
……阿弥陀様の救い
 田畑正久(医師/大分 佐藤第二病院 龍谷大学大学院特任教授)
   
……仏教が教える物語
 栗田正弘(医師/宮崎 内田医院 本派僧侶)
   
……医者として、僧侶として
 相河明規(医師/県立静岡がんセンター 大谷派僧侶)
   
……がん緩和医療の実際とビハーラ
 河村 諒(同朋大学大学院研究生)
   
……親鸞の「まいりあふべく」浄土について
 月江教昭(医師/福岡 那珂川病院 本派僧侶)
   
……ビハーラ病棟を広げるために
 福永(月江)憲子(看護師/本派坊守)
   
……死にゆく人への「寄り添い」は誰が担うのか?

妙好人に学ぶ

芦屋仏教会館 編
800円+税

四六並製114頁

ISBN978-4-903858-88-3

妙好人に学ぶ

因幡の源左、三河のおその、石見の才市。泥中に咲く白蓮華にもたとえられる妙好人の姿から、凡夫のまま救われてゆく他力真宗のみ教えを味わう。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第9弾

【目次より】
  梯 實圓 …… 因幡の源左さんに学ぶ
  梯 實圓 …… 三河のおそのさんに学ぶ
  松田正典 …… 石見の才市さんに学ぶ

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学
  松田正典:くらしき作陽大学客員教授・広島大学名誉教授

他力の五七五
−ここから そして ここへ−

橋本半風子 著
2,400円+税
四六上製222頁

ISBN978-4-903858-86-9

他力の五七五-2

如来の本願力により信心をたまわり、煩悩の身のままで救われてゆく。お聴聞を続ける中で遇い得たお念仏のみ教えを、俳句とエッセーで味わう、シリーズ第2弾。

【目次より】
  第一部 お喚び声の中で
  第二部 折々のよろこび
  第三部 ねてもさめても

一人ひとり
ちがっていい

-お山の和尚より-
Part4

赤松光真 著
952円+税
四六並製248頁

ISBN978-4-903858-85-2

一人ひとりちがっていい4
毎日、思い悩んでいる少年・少女たちの心の中に入りこみ、先生との接し方や勉強が楽しくなる方法を、優しく語りかけるようにして説き明かす子どもたちへのメッセージ集。いじめの問題についても、本当の実状と解決法を、長年の説法人生から説き明かす。

●主な収録内容●
比叡山延暦寺について/学校へはなぜ行くのだろう?/物ごとをありのままに素直に見る/私って誰?/飛べないてんとう虫/勉強を楽しむ/何故生きる/悲しいことをジッとみつめられますか/有用価値論について/家族って…… 他

〈著者紹介〉比叡山西塔釈迦堂輪番

心の風景IV

豊原大成 著
1,400円+税
四六並製172頁

ISBN978-4-903858-84-5

心の風景IV
いのちを見つめる仏教の叡智に学び、生かされている我が身をお念仏もろともに喜ぶ。心の貧困が嘆かれる昨今、本当の豊かさとは何かを綴った随想法話34篇。

【目次より】
釈尊とその教え

ルンビニー/何のために生きるのか/お釈迦さま前後/お寺/涅槃/最初の教え/八正道/眼
仏弟子として

宗教とは/お葬式/クナーラ/アヌルダ/クッション/プラス・ワン/如月忌と涅槃会/僧
お念仏とともに

聖跡巡拝/聖人の親孝行/『心経』の問題/将来学/大樹の根/十余ヶ国の境を越えて/蓮如上人のマスコミ
現代社会に憶う

人/葬儀/心を深める文明/懈慢界/無同意で

〈著者紹介〉
  豊原大成:西宮西福寺住職・浄土真宗本願寺派宗会議員

〈六字釈のこころ〉4
浄土に生まれ
往くいのち

梯 實圓
天岸淨圓 著
800円+税
品切
B6並製94頁

ISBN978-4-903858-80-7

浄土に生まれ往くいのち
「南無阿弥陀仏」のお導きによって、「死」を「往生」の喜びとして受けとめ、今を生きる意味に気づかされる法話2篇。
【報恩講法話集12】

【目次より】
  梯 實圓 ……六字釈のこころ−いのちの行方−
  天岸淨圓 ……往生を喜ぶ−親鸞聖人のお手紙より−

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学・行信教校前校長
  天岸淨圓:本願寺派布教使・行信教校講師

ビハーラ
医療団
−学びと実践−

ビハーラ医療団 編
1,800円+税

四六並製290頁

ISBN978-4-903858-79-1

ビハーラ医療団
現代の終末医療の問題点と医療が仏教精神を必要としていることを、それぞれの医療現場から、また仏教学の立場から提言する8篇の研修会講義録。

【目次より】
 相河明規 …… がん緩和医療の最前線にいて
         思うこと、伝えたいこと
 月江教昭
…… 緩和ケアと真宗
 栗田正弘
…… 生と死に向き合って
         〜医者として僧侶として〜
 志慶眞文雄
…… 生死を超えて
 駒澤 勝
…… 阿弥陀様と私
 田代俊孝
…… ビハーラ往生のすすめ
 内田桂太
…… 私の信の歩みとビハーラの実践
 田畑正久
…… 医療文化と仏教文化

〈著者紹介〉
相河明規
(医師/県立静岡がんセンター 大谷派光明寺衆徒)
月江教昭
(医師/福岡 那珂川病院 本願寺派真教寺副住職)
栗田正弘
(医師/宮崎 内田医院 本願寺派称専寺副住職)
志慶眞文雄
(医師/沖縄 しげま小児科医院 「まなざし仏教塾」主宰)
駒澤 勝
(医師/岡山 こまざわ小児科医院 真宗門徒)
田代俊孝
(同朋大学大学院教授 大谷派行順寺住職/本会世話人代表)
内田桂太
(医師/新潟 かもしか病院 大谷派善林寺衆徒)
田畑正久
(医師/大分 佐藤第二病院 龍谷大学大学院特任教授)

親鸞聖人の
ご生涯
法然聖人との
出遇いから
ご往生まで

芦屋仏教会館 編
800円+税

四六並製112頁

ISBN978-4-903858-75-3

親鸞聖人のご生涯
民衆とともにお念仏ひと筋に歩まれた親鸞聖人。「非僧非俗」「自信教人信」に生き抜かれたその苦難のご生涯を3期に分けて偲ぶ。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第8弾

【目次より】
  梯   實 圓 …… 法然門下の親鸞聖人
  中 西 智 海 …… 関東時代の親鸞聖人
  瓜生津隆真 …… 帰洛後の親鸞聖人

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:本願寺派勧学
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

越中五箇山
赤尾の道宗

中茂保則 著
北塔光昇 監修

1,500円+税
四六並製212頁

ISBN978-4-903858-73-9

赤尾の道宗
雪深い合掌の里でひたむきに生きた妙好人・道宗の生涯とその著『心得二十一箇条』を味わい、念仏者の信心のありように迫る。

【目次より】
第一部 越中五箇山 赤尾の道宗

北海道と五箇山/五箇山への道/越中五箇山赤尾谷/道宗の誕生/父母に関する諸説/蓮如上人と道宗/善知識に遇う/妻への『御文章』/道宗の往生 ほか
第二部 『赤尾道宗心得二十一箇條』本文と解説

〈著者紹介〉
  中茂保則:本願寺派布教使
  北塔光昇:本願寺派勧学

他力の五七五
−いつでも どこでも だれでも−

橋本半風子 著
2,400円+税
四六上製216頁

ISBN978-4-903858-70-8

他力の五七五

師や法友に導かれて遇い得た親鸞聖人のみ教え。季節の風物にふれる中で、自らに注がれる如来の願いに気づかされていく日々を綴る。

【目次より】
  第一部 ひとすじの道へ
  第二部 お喚び声の中で
  第三部 折々のよろこび

〈六字釈のこころ〉3
お念仏申す人生を生きる

梯 實圓
中西智海 著
800円+税
僅少
B6並製92頁

ISBN978-4-903858-68-5

お念仏申す人生を生きる
「南無阿弥陀仏」のいわれを説き、如来の呼び声がそのまま声になって響き、如来に任せた救いの人生を語る。
【報恩講法話集11】

【目次より】
  梯 實圓 ……六字釈のこころ−念仏とは何か−
  中西智海 ……浄土真宗の二つの恵み

〈著者紹介〉
  梯 實圓:本願寺派勧学・行信教校前校長
  中西智海:本願寺派勧学・相愛大学名誉教授

心おきなく迷っていける

一縁会 編
800円+税
僅少
B6並製112頁

ISBN978-4-903858-67-8

心おきなく迷っていける
阿弥陀さまの呼び声につつまれて、思いやりの心をもって、支えあい、安心して今日を生きる短篇法話30篇。テレフォン法話集第5弾

【目次より】
そのまま救う/求道の始まり/縁から入ってくる“ごえんさん”/大震災に思う/お布施の渡し方/「ご往生おめでとうございます……」/「お浄土に往ってみたい!」/香典のこころ/寺の敷居を低くするには 他

〈著者紹介〉澗信澄 中澤見惠 内田正祥 山田雅教 山田容子 渡辺悌爾 

ねんぶつ
子守歌

蓮下義昭 著
1,800円+税
四六並製186頁

ISBN978-4-903858-64-7

ねんぶつ子守歌

念仏で救われていく喜びの歌を60篇作り、ご信心の意味と教えに照らした生き方を歌に即して解説する浄土真宗入門の書。仏教讃歌の作曲者、井上一朗制作の五木の子守歌のメロディーで歌うCD付き。
CD収録時間約40分

【目次より】
  一の歌 お呼び声/二の歌 見抜かれて
  三の歌 ふたり連れ/四の歌 聞こえたまま
  五の歌 やわらかに生きる/六の歌 はからいを捨てて
  七の歌 杖と柱/八の歌 お会いしますよ
  九の歌 ほとけの子と/十の歌 渡れよ
  十一の歌 白い道/十二の歌 人のつながり(縁)
  歌詞・楽譜

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派・西光寺住職

三宝を敬う
−聖徳太子の仏教精神に学ぶ−

芦屋仏教会館 編
800円+税
四六並製104頁

ISBN978-4-903858-63-0

三宝を敬う
親鸞聖人が「和国の教主」と仰がれた聖徳太子は仏の教えに何を見いだされたのか。浄土真宗における仏・法・僧の意味をうかがい、三宝を拠りどころとして生きることの豊かさを味わう。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第7弾

【目次より】
  梯   實 圓 …… 仏宝に帰依す
  中 西 智 海 …… 法宝に帰依す
  瓜生津隆真 …… 僧宝に帰依す −世界的視座からの太子像−

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:本願寺派勧学
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

金子みすゞがうたう
心のふるさと

上山大峻 著
1,000円+税
品切
B6並製136頁

ISBN978-4-903858-60-9

金子みすずがうたう心のふるさと
昭和5年、26歳で世を去った若き童謡詩人・金子みすゞさん。遺された詩篇にはいのちへの愛しさと哀しさがつまっています。その仏さまのようなやさしいまなざしを31篇の詩と生まれ故郷の風土からひもときます。

【目次より】
金子みすゞとの出遇い/仙崎というところ/みんな命は愛しい/相手の身になって/みんな関係しあっている/見えぬけれども、あるんだよ/仏さまはさびしいの/みんなちがって、みんないい/いい子になれないみすゞ/仏さまの世界へ/心の豊かな子に育てたい/遺された詩集/言葉がつないだ母子のきずな/還ってきた金子みすゞ

〈著者紹介〉龍谷大学元学長

やっぱり

阿弥陀さん

真宗興正派
教化参拝部 編
1,200円+税
品切
B6並製178頁

ISBN978-4-903858-61-6

やっぱり阿弥陀さん
真宗興正派布教師33名による「記念法話集」。四つのテーマにわけ、阿弥陀さまのみ教えとかけがえのないいのちがつながってゆくよろこびを、聖典の句を用いて簡明に語る。宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要記念法話集。
【目次より】
道を求めて

生まれ往く世界
今、畜生道にいる私 ほか
響きあういのち

いのちは十方に響きあう
お育ていただきながら ほか
共に歩む

迷いが悟りだなんて!
オジョモ桜の花が散る ほか
興隆正法〜仏法ひろまれ〜

みんな 仏の子
大悲無倦常照我 ほか

現代社会に
おける
浄土真宗

高 史明 
金光寿郎 
栖雲深泥 著
800円+税
四六並製120頁

ISBN978-4-903858-57-9

輪番独語2
兵庫教区「青年僧侶の会」結成三十周年、その歩みを記念に、過去・未来そして現在へと、「つながってゆくいのち」に浄土真宗がいかに応えるべきか。三名の論客と若手僧侶が語るシンポジウム。

【目次より】
 栖雲深泥……現代社会における浄土真宗−つながるよろこび−
 高 史明……親鸞の名告りをいかに受けとめるべきか
 金光寿郎……本当の自分と思いの自分
 高 史明……人を憂うこころが御同朋・御同行の教え
 金光寿郎……自己を識り、人のこころを感ずる

〈著者紹介〉
高 史明:作家
金光寿郎:NHK教育テレビ「こころの時代」ディレクター
栖雲深泥:真宗大谷派僧侶・樹洩陽舎舎幹

「三悪趣」
からの
解放
−憲法九条・二十条の持つ意味−

念仏者九条の会 編
1,200円+税
B6並製140頁

ISBN978-4-903858-55-5

「三悪趣」からの解放
『大無量寿経』四十八願の第一願に三悪趣なき世界が説かれる。三悪趣とは地獄・餓鬼・畜生のことである。21世紀に入っても今なお展開する世界各地の戦争、そして戦争による貧困と経済至上主義の格差社会の蔓延、さらには個の尊厳が侵され抑圧される人間疎外の状況、まさに仏教でいう「三悪趣−地獄・餓鬼・畜生−」が我々の眼前に拡がっている。本書は、憲法と仏陀の「不殺生」の教えがいかに通じ合っているかを自らの体験をもとに語り、憲法を守り抜くことに、現代の三悪趣からの解放の道筋が見えると説く。

【目次より】
 信楽峻麿……はじめに
 郡島恒昭……仏教は「非戦」の宗教
 根津 茂……憲法の理念は仏の願いと衆生の歩み
 吉岡隆義……殺すな殺させるな、そして殺されるな
 鞍田 東……「非暴力平和隊」の実現は仏の願い
 神戸 修……仏教徒にとって日本国憲法九条とは何か?
 高橋嘉徳……愛国心は天皇への忠誠
 池戸尚人……自治会における「信教の自由」
 小武正教……あとがき

〈著者紹介〉
  信楽峻麿:念仏者九条の会・世話人代表、龍谷大学元学長
  郡島恒昭:靖国参拝違憲「福岡判決」を活かす会代表
  根津 茂:真宗大谷派僧侶
  吉岡隆義:浄土真宗本願寺派布教使
  鞍田 東:非暴力平和隊・日本会員
  神戸 修:浄土真宗本願寺派布教使
  高橋嘉徳:念仏者九条の会・北海道
  池戸尚人:真宗大谷派門徒
  小武正教:念仏者九条の会・事務局長

如来のはたらきと
報恩のこころ

利井唯明
天岸淨圓 著
800円+税
品切
B6並製116頁

ISBN978-4-903858-54-8

如来のはたらきと報恩のこころ
わかったつもりの仏教用語を丹念に説き、如来に願われ続けている人間と、恩を忘れがちな現代人のありさまに気づかせてくれる法話2篇。
【報恩講法話集10】

【目次より】
  利井唯明 ……他力といふは如来の本願力なり
  天岸淨圓 ……ご恩をいただき、教えに報いる

〈著者紹介〉
  利井唯明:本願寺派布教使・行信教校校長
  梯 實圓:本願寺派布教使・行信教校講師

輪番独語2
−築地本願寺輪番ブログより−

豊原大成 著
1,400円+税
B6並製258頁

ISBN978-4-903858-53-1

輪番独語2
平成21年7月7日から平成22年4月23日まで、4項目にわたり53篇を収録する。得度以来70年、「仏の道」を日々歩む心得を諄々と語る。
【目次より】
日々の風景より

故人からの贈り物/自坊の盆踊り/改札口で/手紙の作法 ほか
若き日の思い出

芝居/老夫婦/私の終戦日/悪ふざけ ほか
インド見聞録
仏教あれこれ

悪石島/亀の首/「法衣」 ほか

〈著者紹介〉本願寺築地別院前輪番

ひと・ほとけ・いのち

田代俊孝 著
1,200円+税
B6並製200頁

ISBN978-4-903858-50-0

ひと・ほとけ・いのち
高齢化社会、科学で量るいのちから「涙の出るいのち」「共生のいのち」に目覚めることで、老いの孤独と死の恐怖を乗り越えられると説く。大学医学部の倫理委員を務める著者が、生命倫理の問題を直視して、仏教から見た「いのち」の重要性を説く。

【目次より】
  第1講 生命倫理と仏教
  第2講 共なるいのち
  第3講 科学の向こうにあるもの
  第4講 「知っている」というバカの壁
  第5講 生死は亀毛のごとし
  第6講 韋堤希の生と死

〈著者紹介〉同朋大学大学院教授

浄土三部経のこころ

芦屋仏教会館 編
800円+税
四六並製128頁

ISBN978-4-903858-48-7

浄土三部経のこころ
浄土真宗の根本聖典たる「浄土三部経」にはそれぞれ何が説かれ、どのような特色を持つのか−。『教行信証』や善導大師、法然聖人の著述からその要点をうかがいつつ、親鸞聖人が示された“生死いづべき道”を明らかにする。芦屋仏教会館夏期講座連続講話集第6弾

【目次より】
  梯  實 圓 …… 真実の宗教−『大無量寿経』のこころ−
  中 西 智 海 …… 苦悩と大悲−『観無量寿経』のこころ−
  瓜生津隆真 …… 阿弥陀仏と浄土荘厳−『阿弥陀経』のこころ−

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校元校長・本願寺派勧学
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

みのり園
施設法話の定期便
−山口教区・僧侶65名の心の便り−

河内美舟 編
1,000円+税
B6並製174頁

ISBN978-4-903858-47-0

施設法話の定期便
山口県の僧侶65名が綴る日々の生活に即した法話集。15年続く、介護高齢の人たちとみのりを味わう常例法話より、76篇の短篇法話集。

【目次より】
歓び一杯のいのち/傲慢な私/帰ることのできる家/お蔭様で…/お盆におもう/亡き人と会える世界/仏法にあう縁に恵まれて/阿弥陀さまのお慈悲/念仏の智慧/六字のお心 ほか

〈著者紹介〉
  河内美舟:社会福祉法人同朋福祉会理事長

虫の眼
鳥の眼
仏の眼

渡辺悌爾 
渡辺充子 著
1,200円+税
B6並製154頁

ISBN978-4-903858-44-9

虫の眼 鳥の眼 仏の眼
現代社会の問題に、時には広く、時には細やかに向き合っていく。仏の慈悲に包まれていることに気づき、喜びや悲しみを共に感じ、生きていく大切さを語る。
【目次より】

悩み多き現場に念仏者の眼を/柔らかな眼を開こう/「疑問」こそ「学び喜び」の起点となる/悩みに開く眼、心に届く和讃の音声/時代の闇を共に悩む眼を開こう ほか
 つれづれ−日記坊守篇

「ナムアミダブツ」ってどういう意味?/お浄土の母からの電話 ほか

〈著者紹介〉
  渡辺悌爾:三重大学名誉教授・善正寺住職
  渡辺充子:善正寺坊守

心の眼は
開いてますか

一縁会 編
800円+税
品切
B6並製120頁

ISBN978-4-903858-43-2

正信偈のこころ
本願寺派東海教区三重組の僧侶たちが、日々のご門徒との付き合いのなかで、この社会に仏法が生きる尊さを語り、大きな心の眼を開かせてくれるテレフォン法話より−−。
親子、夫婦、兄弟、ゆるぎない慈愛の中で、響きあい、育てあう、ぬくもりのある人生を語る短編法話30篇。一縁会テレフォン法話集第4弾

【目次より】
おまかせすればいいですね/「苦」について/かわいそうに…ではなくて、ありがとう/心のバブルに気づかされ/お念仏 心にいれて…/人に負けて信をとるべきなり/苦といっしょ/よわさがあってこそ人間/ぬくもり/猫の病気/暇つぶし以上に 他

〈著者紹介〉澗信澄 中澤見惠 内田正祥 山田雅教 山田容子 渡辺悌爾 

〈六字釈のこころ〉2
浄土を願って生きる
−発願回向のこころと人生の指針−

浅井成海 
梯 実圓 著
800円+税
B6並製108頁

ISBN978-4-903858-41-8

正信偈のこころ
生活の中で浄土真宗の教えがいかに生きるかを、「佐賀のがばいばあちゃん」や「おくりびと」等より語り、苦悩を乗り越えていく道筋を説く。さらには、親鸞聖人の六字釈の発願回向の義より、如来より願われている存在と浄土を願うこころの意義を説く。
【報恩講法話集9】

【目次より】
  浅井成海 ……浄土真宗に気づかせていただく世界
  梯 實圓 ……六字釈のこころ(其の二)-発願回向釈-

〈著者紹介〉
  浅井成海:教学伝道研究センター所長・龍谷大学名誉教授
  梯 實圓:行信教校校長・本願寺派勧学

輪番独語
−築地本願寺輪番ブログより−

豊原大成 著
1,400円+税
僅少
四六並製300頁

ISBN978-4-903858-35-7

輪番独語
ゆく河の流れのような人生の向かうところを見つめ、諸行無常の日々をむなしく過ごさない−。
日常の起居、礼儀作法から、仏教のこと……、縦横無尽に語る「ブログ」の記録と非公開「Q&A」を収録。

【目次より】
徒然の記

わたしの健康法/異常気象/人作り/宗教の教える道/言葉の問題/ボールペン ほか
築地本願寺往来

九十歳!/花火大会/盆踊り/親の背を見て ほか
恩師の思い出

比較級/諦め
仏事のこと

初参式と花祭り/摂取不捨 ほか
浄土真宗のこと

親鸞聖人のお名前/「菊輪灯」について/本願寺の紋所 ほか
仏具のこと−楽器−

お寺の楽器
問いにお答えする

お寺ってお願い事していいんですか?/お経のメッセージ/お坊さんの霊体験!!/何のためにいるのかわからない ほか

〈著者紹介〉本願寺築地別院前輪番

正信偈のこころ

芦屋仏教会館 編
800円+税

品切
四六並製112頁

ISBN978-4-903858-33-3

正信偈のこころ
浄土真宗の聖典の中の聖典−正信偈−。
親鸞聖人は『教行証文類』ご撰述において、何故に行文類の末に「正信偈」を造り、置かれたのか。
「行文類」から「信文類」へ展開する中、「信行不二と一味の救い」という他力真宗の正意を、偈前の御文から依経段、そして依釈段の要点より明かす。

【目次より】
  梯  實 圓 …… 「正信偈」の序説−序文と題号−
  瓜生津隆真 …… 信行不二と一味の救い
  中 西 智 海 …… 教えのながれ−七高僧の教説−

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校元校長・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学

またいつか
あいましょう

福間欣嗣 著
1,600円+税
B6並製302頁

ISBN978-4-903858-29-6

またいつかあいましょう
ご法義の地・備後の真宗寺院に生まれ、80年の生涯を聞法と伝道に尽くした福間欣嗣師。その温かな視線から紡がれた、法に聞き、法に頷く人生の豊かさをやさしく語る53篇の短篇法話集。

【目次より】
仏法入門

人生の案内者をあなたはもっていますか?/なぜ仏教がいるのでしょう/歌謡曲と仏教 他
求道・聞法

いのちの充電/何を先にするか/弥陀の呼び声を聞く 他
本願・名号・信心

仏さまは動いてくださる/力さまざま/同じ種をまこう 他
俗信・迷信をはなれる

友引の日に葬式は?/仏さまはバチをあてるか 他
念仏に生きる人たち

生きていてよかった/アリと子どもと仏さま/彼岸からの残照 他
折にふれ

掃除当番の源流/敗戦国日本を立ち直らせた釈尊の言葉/親鸞聖人最後のお言葉 他

〈著者紹介〉本願寺派照善坊前住職

万華鏡
若い僧侶の一口法話

慈薫会 編
1,200円+税
B6並製196頁

ISBN978-4-
903858-27-2

万華鏡
浄土真宗本願寺派の新門さまをはじめとする、浄土真宗の次代を担う若き僧侶たちが、恩師・矢田了章師の龍谷大学教授退職を記念し、師恩を尊んで、お聖教の言葉を深く味わい綴る。個性きらめく41人の短編法話集。

【目次より】
おそだて

ボクの名前は「えしん」/梵鐘の由来を探し求めて 他
いつくしみ

お母ちゃんからの手紙/電車で届いた一通のメール 他
おまかせ

龍谷会で聞こえてきた言葉/「先生、寝ててすみません」他
あるがまま

まことの親子/なんだぁ、若かぁ。大丈夫かぁ? 他
ねんぶつ

私にとって尊い言葉/おかしいなぁ、おかしいなぁ 他
おみちびき

長男の声に導かれて/病室ですすめられたお念仏 他
にんげん

今、ここの私を生きる/「生きる」ということ 他

〈六字釈のこころ〉1
如来のよび声に気づく

梯 実圓
天岸淨圓
800円+税
B6並製110頁

ISBN978-4-903858-25-8

如来のよび声に気づく

南無阿弥陀仏の六字の本来のすがたを、解き明かされた善導大師−−。その教えを法然聖人から受け継がれた親鸞聖人の“念仏往生”の本意を、『教行証文類』の「六字釈」「二河白道」から語り尽くす。
【報恩講法話集8】

【目次より】
  梯 實圓 ……六字釈のこころ(其の一)-帰命釈-
  天岸淨圓 ……善導大師と二河白道の譬

〈著者紹介〉
  梯 實圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  天岸淨圓:行信教校講師・本願寺派布教使

認められた
人生

豊島學由 著
1,600円+税

四六上製170頁

ISBN978-4-903858-23-4

認められた人生

混迷の現代、浄土真宗の「信心」はいかにあるべきかを主題に、今、この私が救われていく姿と念仏者としての生きる道を説く。中央仏教学院をはじめ各地の布教現場で熱く語る最新の真宗伝道論。

【目次より】

第一部 易行難信の法を聞く

念仏という言葉の響き/現代における浄土真宗の信の状態/法名−名乗りの真実/浄土真宗を学ぶ方法/本願の旨を学ぶ
第二部 真実の救い−場所が与えられること

対治と同治/臨命終時/お念仏を命にいただく/供養とお念仏/蓮如上人と赤尾の道宗さん/誕生と降誕/還浄地での誕生 他

〈著者紹介〉本願寺布教使・中央仏教学院講師

死はかねて
生の
うちにあり

豊島學由 著
1,000円+税

品切
四六並製172頁

ISBN978-4-903858-24-1

死はかねて生のうちにあり

毎月門信徒に配布する、浄土真宗の教えに生きる喜びを綴った“月の栞”66篇。さまざまな人生の苦を見据えて、“むなしくすぐる”ことなく生きるすべを語る、真宗的生き方の真骨頂。

【目次より】
必ず救う/病苦と私の歩む道/雑草と薬草/如来の願いがかかったいのち/親であること/邪見の角/医師と教師そして阿弥陀さま/凡夫なればこそ/言葉のひびき 他

〈著者紹介〉本願寺布教使・中央仏教学院講師

親鸞聖人と
承元の法難

芦屋仏教会館 編
800円+税

品切
四六判並製106頁

ISBN978-4-903858-21-0

親鸞聖人と承元の法難

鎌倉時代、無実の風聞により多くの念仏者が弾圧された承元の法難。『教行信証』後序からその背景と真相を読み解き、末法の世にお念仏を伝えてくださった親鸞聖人のお心をうかがう。

【目次より】
  梯  實 圓 …… 承元の法難と『教行信証』
  瓜生津隆真 …… 承元・嘉禄の法難と『末法灯明記」
  中 西 智 海 …… 海の群萌とともに

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学

〈『慈眼』法話より〉
知っておきたい
浄土真宗の
行事と仏事

豊原大成 著
1,200円+税

品切
B5並製200頁

ISBN978-4-903858-20-3

浄土真宗の行事と仏事

四季折々の仏教行事や生涯の儀式を、いかに有意義につとめて、みのりある生活を送るかを易しく語る、仏事入門法話集。
人生の最後の場、葬儀における真宗本来の意義も法話で説く。

【目次より】
元旦/お彼岸/降誕会/お盆/初参式/帰敬式/結婚式/お仏壇/葬儀(葬儀・通夜・中陰)/お仏事(日程・月忌・年忌)/報恩講

〈著者紹介〉本願寺築地別院輪番

信への道

井上善右衛門 著
2,500円+税

四六上製296頁

ISBN978-4-903858-19-7

信への道

井上善右衛門師が往生なされて、早、十年の歳月が経つ。師の信仰は徹底して仏の願いに照らされた自己を見つめることに尽きる。親鸞聖人の絶対他力のみ教えに深く頷き、まことの“人生”の気づきを語る、珠玉の名講話集。

【目次より】
第一部 仏教と人生
 
自照/仏教と人生について/聞法の心
第二部 仏のこころ
 
阿弥陀仏/如来と生死/柔軟心
第三部 信への道
 
信の基礎について/信/仏道/仏道偶感
第四部 『御一代記聞書』に学ぶ

〈著者紹介〉元芦屋仏教会館理事長

いっちょんひげんの彼方
仏さまに出遇えてよかった〜

丸山顕子 著
1,200円+税

B6並製120頁

ISBN978-4-903858-16-6

いっちょんひげんの彼方

親との確執やいじめから、不登校、自殺未遂を繰り返した著者が、仏教と出遇い、癒されていく経験をもとに“生まれてよかった”“死んでは駄目”と切実に訴える。現代人の苦悩に仏教がいかに応えるかを知る。

【目次より】
1 生き死に
 
いっちょんひげん/彼方の世界 他
2 迷いの日々
 
生い立ち/父と祖母 他
3 目覚めへの道
 
西光先生との出会い/聞法の集い 他
4 救われてなお
 
上洛/何のために生まれたか?/私の人生
5 癒し
 
フォーカシング/カウンセリング・AT・仏教 他

〈著者紹介〉福岡県生まれ、京都市在住

逃げたらあかん!
如来さまと一緒

一縁会 編
800円+税

僅少
B6並製112頁

ISBN978-4-903858-10-4

逃げたらあかん

日々の生活の中で、ふと気づかされる如来さまの慈悲の心を綴る。読みやすくて「ほっ」とする、心あたたまる読み切り法話30篇。

【目次より】
みすゞさんの故郷を訪ねて/赤いパンツ/いのちの声・願いの声/《超常識》のみ教え/美しく老いる/ゆで蛙/親さま/本当に尊いもの/逃げたらあかん!/お仏壇の左右/煩悩具足のままに/ 他

〈著者紹介〉内田正祥 山田雅教 中澤見惠 渡辺悌爾 渡辺潤爾 澗信澄

いのちに聞き、
いのちを説く

林寺脩明 著
1,000円+税

四六判並製146頁
ISBN978-4-903858-08-1

いのちに聞き、いのちを説く

いのちのありようが問われる現代社会に、親鸞聖人の無我の教えから、日常のエピソードを交え、真実のいのちについて語る。

【目次より】
自分を見る目/わがいのちの不思議/村祭り・ホンコサンをなつかしむ/感性の回復/生老病死の虚と実/釈尊の生誕と入滅が教えること/いのちかがやく世界/萬物、我に備われり/私にとってのお仏壇とは/人間していく/自然ということ
伝道法語

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派正福寺住職

「ただ念仏」
に聞く

浅井成海  
梯 實圓 著
800円+税

B6判並製96頁
ISBN978-4-903858-07-4

「ただ念仏」に聞く

法蔵菩薩の願と行で成就された名号に聞き、いずれの行もおよびがたい身が救われていく「信仰生活」のありようを語る。
【報恩講法話集7】

【目次より】
  浅井成海 ……いづれの行もおよびがたき身なれば
  梯 實圓 ……如来を聞く

〈著者紹介〉
  浅井成海:龍谷大学名誉教授
  梯 實圓:行信教校校長・本願寺派勧学

親鸞聖人の
信心と念佛

梯 實圓 著
2,000円+税

四六判上製336頁
ISBN978-4-903858-06-7

親鸞聖人の信心と念佛

今年80歳を迎える“信心の人・梯實圓和上”が、親鸞聖人の若き日の苦悩を解き放った法然聖人の「南無阿弥陀仏」の教えと、真に人間が“如来の喚び声”によって救われていくさまを、8篇の講話により語り明かす−自選記念講話集。

【目次より】
妙好人

(報恩講法話集1『今をよろこべる心』より)
他力不思議
(報恩講法話集2『生かされて生きるいのち』より)
恵信尼さまのお手紙
(報恩講法話集4『親鸞聖人のご信心を思う』より)
南無阿弥陀仏のこころ
(芦屋仏教会館夏期連続講話1『お念仏のこころ』より)
聖徳太子と親鸞聖人
(報恩講法話集5『仏・法・僧をうやまって生きる』より)
本願の念仏
(芦屋仏教会館夏期連続講話2『ご本願のすくい』より)
如来よりたまわりたる信心
(報恩講法話集6『お念仏はひとつご信心もひとつ』より)
浄土真宗のすくい

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校校長・本願寺派勧学

『歎異抄』の
あじわい

−第一条、第二条、
第四条より−

芦屋仏教会館 編
800円+税

品切
四六判並製92頁
ISBN978-4-903858-03-6

『歎異抄』のあじわい

日本人のこころをとらえてやまない親鸞と唯円のいのちをかけた問答の書−−善悪・生死・慈悲という『歎異抄』の眼目をあますところなく語る珠玉の短編講話集。芦屋仏教会館夏期連続講話集第3弾。

【目次より】
  梯 實圓 …… 善悪を超えて
  石田慶和 …… 生死いづべき道
  中西智海 …… “すえとほりたる慈悲”のこころ

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  石 田 慶 和:龍谷大学名誉教授・仁愛大学前学長
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学

病に
生かされて

−がん病棟の手記−

田中八重 著
1,200円+税

四六判並製152頁
ISBN978-4-903858-01-2

病に生かされて

三度目のがん手術、6クールに及ぶ抗ガン剤治療の中で、家族や仲間に支えられ、死と向き合い続けた7カ月間のいのちと心の軌跡−−。

【目次より】
はじめに
抗ガン剤治療I
新年を迎える
抗ガン剤治療II
抗ガン剤治療III
退院へ

〈著者紹介〉本願寺派滋賀教区仏婦連盟元委員長

インド物語

豊原大成 著
500円+税

品切
A5判並製128頁
ISBN978-4-921029-99-9

インド物語

学生期にインドで学んだ著者が、釈尊在世の頃を偲ばせる仏教遺跡について、その情景を豊かに描いた見聞旅行記。

【目次より】
インドへ/ブッダガヤー/王舎城/ナーランダー/ベナレス/ルンビニー/カピラ城/デリー 他

〈著者紹介〉本願寺築地別院輪番

何故(がこ)
-倶会一処の願いに
生かされて-

毛利まさみ 著
1,200円+税

B6判並製212頁
ISBN978-4-921029-96-8

何故

人生には耐え難い別れを乗り越えてこそ、得られるものがある。祇園のクラブ経営者として、ひたむきに生きる中、突如、愛娘が白血病に……。苦しみや悲しみ、愛や恋、すべてを包みこんでくれる仏の世界にであった。

【目次より】
はじまり/友の死/祇園風情/方向転換/堂々の美/別れるって?/あぶない恋から再出発/母/娘の恋/一条の光/父/通信教育/阿鼻叫喚/愛と慈悲/倒れる/ひたむきな愛/浄土に向かう/また逢う日まで/口伝鈔/姉/認知症/輝いて生きる/命のひかり 他

〈著者紹介〉料理店経営

心の風景3
−『慈眼』法話より−

豊原大成 著
1,500円+税

四六判並製232頁
ISBN978-4-921029-95-1

こころの風景3

仏教のみ教えが生活の柱になるようにとの願いをこめて、毎月綴られた聞法紙「慈眼」450回記念。仏典のこと、教育のこと、忘れられた礼節のこと、今日の世相のなかで、老人や女性や子ども、そして青壮年がいかに生きるべきかを縦横無尽に語る珠玉の法話集。

【目次より】
重々無尽の縁 
 四つの旅行記 ダルマ お花見 縁二題 他
念仏者の生き方とは
 まっすぐに 幼い二つの生命 姿勢を正そう お荘厳 他
次の世代へお念仏を
 教育の問題 旧友たちの意見 お数珠 責任 他

〈著者紹介〉本願寺築地別院輪番

お念仏はひとつ
ご信心もひとつ

梯 実圓
天岸淨圓
800円+税
品切
B6並製96頁
ISBN978-4-921029-94-4

お念仏はひとつご信心もひとつ

法然聖人により、お念仏のみ教えに出遇われた親鸞聖人。自ら「愚禿」と名乗り、み仏と向き合って生き抜かれたそのお姿から、「往生の信心」のありようをうかがう。
【報恩講法話集6】

【目次より】
  梯 實圓 …… 如来よりたまわりたる信心
  天岸淨圓 ……「愚禿」という名の生きかた

〈著者紹介〉
  梯 實圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  天岸淨圓:行信教校講師・本願寺派布教使

ご本願の
 すくい

芦屋仏教会館編
1,000円+税
品切
四六並製154頁
ISBN978-4-921029-91-3

ご本願のすくい

阿弥陀如来の本願力は、煩悩がどんなに激しかろうと、罪業がどんなに重かろうと念仏する者を救ってくださる。
当代の学僧が如来を拠りどころとするこころを語る。芦屋仏教会館夏期連続講話集第2弾。

【目次より】
  瓜生津隆真 …… 本願力
  梯   實 圓 …… 本願の念仏
  中 西 智 海 …… 信 心

〈著者紹介〉
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授
  梯   實 圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学

讃仏偈の
概要

稲城選恵
800円+税

品切
四六並製108頁
ISBN978-4-921029-86-9

讃仏偈の概要

仏の徳を讃え、法蔵菩薩の衆生済度の願と行の決意を表明する「讃仏偈」――。
九十年間の聞法の歩みと伝統の学びから、真実たる『無量寿経』のゆえんを明かす。

【目次より】
はじめに―偈を作る所以―
一、五十三仏について
二、世自在王仏について
三、法蔵菩薩について
四、讃仏偈の内容
五、主な用語解説
六、望みと願い
『無量寿経』諸異本の讃仏偈

〈著者紹介〉本願寺派勧学

重誓偈の
概要

稲城選恵
800円+税
品切
四六並製120頁
ISBN978-4-921029-87-6

重誓偈の概要

四十八の大願に続き、重ねて、末代の凡夫をめあてに誓われる「重誓偈」。
親鸞聖人の四十八願から生因の三願に触れ、真実の『経』の中で、この偈の持つ意義を説く。

【目次より】
はしがき
『無量寿経』巻上・重誓偈
一、「重誓偈」の意義
二、本願思想の骨格をなす四十八願
三、「重誓偈」の内容について
四、主な語句の解説
むすび
『無量寿経』諸異本の重誓偈

〈著者紹介〉本願寺派勧学

往覲偈の
概要

稲城選恵
800円+税
品切
四六並製120頁
ISBN978-4-921029-88-3

往覲偈の概要

菩薩の往覲と諸仏の称賛を頌す「往覲偈」。この「偈」に包含される、第二十願往生の「信罪福心」の真意を、親鸞聖人の『教行信証』より徹底考証。

【目次より】
はしがき
『無量寿経』巻下・往覲偈
一、『無量寿経』の構成
二、往覲偈の構成
三、主な語句の解説
『無量寿経』諸異本の往覲偈

〈著者紹介〉本願寺派勧学

聞思のこころ

川添泰信
1,400円+税
四六並製196頁
ISBN978-4-921029-84-5

聞思のこころ

人間はいかに「お念仏」と出遇い、どのように変わるのか。自らの体験を中心に「聞思」について「聞く」をキーワードとして明快に語る講演録。

【目次より】
1 人はなぜ聞かねばならないのか
2 何を聞くのか
3 聞いたらどうなるのか

〈著者紹介〉龍谷大学教授、本願寺派司教

人間という病

稲城選恵
800円+税
四六並製144頁
ISBN978-4-921029-80-7

人間という病

死者への儀礼が中心となっているかのような「現代仏教」。本来の仏教とは、「苦」「無常」「不定(煩悩)」という人間が持って生まれた「病」の妙薬であることを口述する

【目次より】
人間という病
 不浄について 苦について
 無常について三つの病の妙薬 他力の信心について
葬儀無用論について
他力本願について
黙祷ということ

〈著者紹介〉本願寺派勧学

阿弥陀さまファン倶楽部

一縁会
800円+税
品切
B6並製106頁
ISBN978-4-921029-77-7

阿弥陀さまファン倶楽部

「ありがとう」が心に満ちる“阿弥陀さまファン倶楽部”。願われて生きている私に気づく一縁会テレフォン法話、30篇。

【目次より】
ほかごとを聞く 言葉の壁、心の壁 ご先祖さまが催促しておられる? 弥陀仏をたのみに明けて今朝の春 正信偈・念仏・和讃の秘密 いたずらに苦しむ 他

〈著者紹介〉内田正祥 山田雅教 中澤見惠 渡辺悌爾 渡辺潤爾 澗信澄

醜という名の母
ろう教育者をささえた仏心

川渕依子
1,000円+税
四六並製120頁
ISBN978-4-921029-79-1

醜という名の母

大正末期から昭和初期、本願寺の女性布教使の草分けとなって各地を旅した高橋(太田)醜。やがて宗教教育を目指すろう教育者と巡り会い、夫をささえ献身しつつ道半ばで早世。その短くも力強い生きざまを、遺志を継ぎ手話で仏法を伝え続ける娘が綴る。

【目次より】
私の生い立ち 母の名は醜 母という人 父と娘 大阪にて ある出会い ある朝のこと 改めて母を思う ろう教育史上記念すべき日 弟、生まれる ヘレン・ケラー先生来日 母にとっての昭和十五年 私にとって母は 叔父の中の母の面影 思い出 母の遺言状

〈著者紹介〉滋賀県ろうあ協会専任手話通訳者

聖徳太子と『口伝鈔』の教えから
仏・法・僧
うやまって
生きる

梯 実圓
久堀弘義
800円+税
品切
B6並製96頁
ISBN978-4-921029-76-0

仏・法・僧をうやまって生きる

親鸞聖人のご信心の根幹に関わる聖徳太子のみ教えと、『口伝鈔』の袈裟のお話から、お念仏に生きる味わいを語る、講演録2篇。【報恩講法話集5】

【目次より】
◆聖徳太子と親鸞聖人…梯 實圓
◆『口伝鈔』にうかがうお念仏のみ教え…久堀弘義

〈著者紹介〉梯 實圓・本願寺派勧学/久堀弘義・中央仏教学院講師

豊かに生きる

北畠典生
700円+税
品切
四六並製92頁
ISBN978-4-921029-73-9

豊かに生きる

人心の荒廃、地球環境の破壊が叫ばれるなか、すべての存在への敬いのこころを持つ仏教こそが、21世紀を展望することのできる宗教であり、哲学である──。半世紀余にわたって真摯に仏教を学びつづける碩学が、人それぞれに豊かに生き、美しく老いるために受け継ぐべき仏教のエッセンスを明快に語る。

【目次より】
  南いのちの共生*仏教の平等観*
  豊かに生きる*報恩講によせて*
  恩に生かされて*新成人に贈る言葉*
  仏教の本質*二十一世紀に受け継ぐもの*

〈著者紹介〉龍谷大学元学長・岐阜正徳学園大学前学長・本願寺派勧学

お念仏の
 こころ

芦屋仏教会館編
800円+税
品切
四六並製120頁
ISBN978-4-921029-72-2

お念仏のこころ

価値観が多様化する現代社会において、人々は心の平安を何に求め、何にすがって生きて行けばいいのか?
浄土真宗本願寺派当代きっての学僧・布教使である三人が、みずからの心の拠りどころである“お念仏”について語る芦屋仏教会館の夏期連続講話集。

【目次より】
  梯   實 圓 …… 南無阿弥陀仏の意味
  中 西 智 海 …… 念仏者の生き方
  瓜生津隆真 …… 念仏の系譜

〈著者紹介〉
  梯   實 圓:行信教校校長・本願寺派勧学
  中 西 智 海:相愛大学名誉教授・本願寺派勧学
  瓜生津隆真:京都女子大学名誉教授

仏教を解く、説く

林寺脩明
2,200円+税
四六上製360頁
ISBN978-4-921029-70-8

仏教を解く、説く

中学校で英語を教えて28年を過ごした著者が、人生半ばにして得度し、僧侶として寺から送り続けた「正福寺通信」。現代社会にあって、失われつつある感性を尊重し、人間にとって大切な宗教的情操をいかに育み、無我仏教を伝えていくかを語る、渾身の89の短篇。

【目次より】
仏教の歴史にもほんものとにせもの/人間は万物の霊長か/教育の荒廃ここにあり/量の拡大か、質の充実か/彼岸と此岸/仏教の生命観とは/人間コピー時代を考える/下座に位置する姿勢/無限の可能性に生きる/「大丈夫や、まかしとき!」/玄米談義/満ちるを知る/仏法に生きる感性を育てる 他

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派正福寺住職

恵信尼さまのお手紙より-
親鸞聖人の
ご信心をおもう

梯 実圓
久堀弘義
800円+税
品切
B6並製108頁
ISBN978-4-921029-66-1

親鸞聖人のご信心をおもう

法然上人との出遇いからお念仏の道を聞き開かれていく親鸞聖人のお姿を、恵信尼さまのお手紙をひもといて語る講演録2篇。
【報恩講法話集4】

【目次より】
◆恵信尼さまのお手紙に見る親鸞聖人の信心の原点…梯 實圓
◆恵信尼さまのお手紙から親鸞聖人をしのぶ…久堀弘義

〈著者紹介〉梯 實圓・本願寺派勧学/久堀弘義・中央仏教学院講師

出会い・
 出逢い・
 出遇い

浄土真宗本願寺派
兵庫教区青年僧侶の会編
2,000円+税
僅少
四六並製336頁
ISBN978-4-921029-59-3

出会い・出逢い・出遇い

作家・学者・市井の念仏者等が、実際の体験から、真実の出遇いによって転換される人生、目覚めさせられるいのちの姿を力強く語る。「であい」から開かれる世界が広がる──。

【目次より】
出遇い、それはいのちのつながり 
        
青木新門(作家)
自己を知る・善き人の導き 
        
亀井鑛(同朋新聞編集員)
であいは目覚めである
        
山崎龍明(武蔵野大学教授)
出会いのなかの如来
        
小川一乗(大谷大学前学長)
ミャンマーの比丘生活
        
香川徹男(住職)
四十二年間のベッド生活を支えたもの
        
向坊弘道(仏教ペンション経営)
仏様のまなざしに気づくとき
        
岡百合子(歴史家)
いま深くいのちを見つめる
        
高史明(作家)

言葉を
超える願い

一縁会
800円+税
B6並製106頁
ISBN978-4-921029-55-5

言葉を超える願い

身近な生活の中でいのちの声に耳を澄ませ、全てのいのちへの感謝のこころを綴る。
読みやすくて「ほっと」する、心あたたまる読み切り法話30篇。

【目次より】
もろ手あわせて夕日を送る 蓮如上人と下間蓮崇 日の暮れぬうちに 「オフク」を上げる いいかげんにしなよ 何が起こるかわからない世の中 他

〈著者紹介〉内田正祥 山田雅教 中澤見惠 渡辺悌爾 渡辺潤爾 澗信澄

仏の願いに
遇う

-真実の行と
親鸞聖人の教え-

梯 実圓
久堀弘義
800円+税
品切
四六並製110頁
ISBN978-4-921029-53-1

仏の願いに遇う

「三部経」『往生論註』『教行信証』によって示される人生の指針、釈尊・曇鸞大師・親鸞聖人に導かれ、お念仏に生かされる“よろこび”を語る。
【報恩講法話集3】

【目次より】
念仏のこころ…梯 實圓
念仏こそ真実の行/『教行証文類』の奥深さ/称名は仏徳讃嘆の行/言葉となって私を喚び覚ます 他
曇鸞さまに聞く…久堀弘義
現代はモラルハザードの時代/『往生論註』の「八番問答釈」に聞く/仏法を説かない世界に五輪はない 他

〈著者紹介〉梯 實圓・本願寺派勧学/久堀弘義・中央仏教学院講師

一人ひとり
ちがっていい

-お山の和尚より-
Part3

赤松光真 著
952円+税

品切
四六判並製188頁
ISBN978-4-921029-48-7

一人ひとりちがっていい3

悩み多き若者たちに贈る、比叡山のお尚さんからの型破り説法・短編集。いろんなエピソードから心の扉を開かせていく珠玉の説法集。第3弾。

Part3のお話
「ドジやスローに強くなる」「いかがですか、この言葉遣い」「自分であるってどうするの?」「君、死んじゃダメだよ」「バラバラの家族さんへ」「泣いていいんだよ」「テロも戦争も反対」他

〈著者紹介〉比叡山西塔釈迦堂輪番

一人ひとり
ちがっていい

-お山の和尚より-
Part2

赤松光真 著
952円+税

四六判並製210頁
ISBN978-4-921029-47-0

一人ひとりちがっていい2

悩み多き若者たちに贈る、比叡山のお尚さんからの型破り説法・短編集。いろんなエピソードから心の扉を開かせていく珠玉の説法集。第2弾。

Part2のお話
「おれはえらい」「君、きっとやさくなれるよ」「裁く方も裁かれる方も人間です」「まじめ人間、正直者の弱さ」「やさしい君がぶち切れないように」「生き抜く『パワー』と『静かな目』」「この世は理不尽・不条理です」他

〈著者紹介〉比叡山西塔釈迦堂輪番

一人ひとり
ちがっていい

-お山の和尚より-
Part1

赤松光真 著
952円+税

品切
四六判並製平均200頁
ISBN978-4-921029-15-9

一人ひとりちがっていい

悩み多き若者たちに贈る、比叡山のお尚さんからの型破り説法・短編集。春と秋、比叡山には全国各地から若い修学旅行の学生たちが登ってくる。その子供たちに向かって、仏教のこころで、開山・最澄さんのまなこで、今なにが大切か、なにが求められているかを、やさしく親切に語りかける説法集。不登校、孤独、自暴自棄、家族・両親のこと等……、子供たちが抱える現実の問題を、出来る限り仏教用語を用いずに、いろんなエピソードから心の扉を開かせていく珠玉の説法集。

Part1のお話
「君らしい君に」「自分の生きがい」「格好いいってこと」「競争が差別を呼ぶ」「やさしさは忍耐」「君は君であれ」「ただするってむずかしい」他

〈著者紹介〉比叡山西塔釈迦堂輪番

真宗に生きる

真宗教団連合
滋賀県支部
信楽峻麿 三島多聞
藤田徹文 渡邊晃純 著
1,400円+税

品切
四六判並製 212頁
ISBN978-4-921029-45-6

真宗に生きる

滋賀県の浄土真宗寺院が集う真宗教団連合の講演録。めまぐるしく変わる社会環境によって、揺れ動く人のこころ。不安定な時代を生きる人々に、真宗の教えを拠りどころとして、人を育てる家庭における信仰を取り戻し、堂々と安心して人生を歩む道を示す。

【目次より】
心を転じて生きる 信楽峻麿
真宗に立つ 三島多聞
念仏のすくい 藤田徹文
人はなぜ仏法にあわねばならないか 渡邊晃純

〈著者紹介〉信楽峻麿・龍谷大学元学長/三島多聞・中村久子女史顕彰会会長/藤田徹文・浄土真宗本願寺派布教使/渡邊晃純・真宗大谷派岡崎教務所所長

心の風景2
-『慈眼』法話より-

豊原大成 著
1,500円+税

四六判並製234頁
ISBN978-4-921029-43-2

心の風景2

仏教史・声明作法など多分野に活躍する西本願寺の元総長が、現代人の心のありように警鐘を鳴らす珠玉の法話集。33年間、著者が籍を置く阪神間の浄土真宗の僧侶研修団体・聞真会の伝道誌『慈眼』に綴った伝道法話の中から、53篇を収載。無常の世を生きる人びとに手を合わすことの大切さを語りかける。

【目次より】
混迷の時代 
 悲しい時代 生活の智慧として 携帯電話 五濁悪世 他
折々に憶う
 昼下がり二題 心の空洞 のど自慢 ごちそう 桜 他
総長としての日々
 ご遠忌法要初日 来年の本願寺 来客頻々 数々修習 他
よき人に導かれて
 縁 いのち 五体投地 昔の傍線 生々流転 お浄土へ凱旋 他

〈著者紹介〉本願寺築地別院輪番

心の風景

豊原大成 著
2,000円+税
品切
四六並製200頁
ISBN000-0-000000-00-0

心の風景

阪神間の僧侶が中心になっている「聞真会」の伝道誌『慈眼』より法話六十篇を選び収録。恩師や先輩、門徒さん、街角の見知らぬ人……。さまざな出逢いを通して、また折々の世相について、自ら内省され、語られる心と心の交流。そのひとつひとつにお念仏の光景が浮かびあがる。

【目次より】
出逢いの日々
 三人の伯父 仰げば尊し 多くはこれ少年 尊い生命 出逢い 他
心の荘厳
 お仏壇の心がけ 両軸の紐 法要・儀式 親鸞聖人のお嗜み 他
み教えとともに
 
親鸞聖人の幼少期 降誕会 龍谷会 得度式 道 生老病死 他

〈著者紹介〉本願寺築地別院輪番

あなたと私の仏教入門
ユーモア毎日法話集

涌水邦英 著
1,600円+税

品切
四六判並製260頁
ISBN978-4-921029-42-5

あなたと私の仏教入門

こんなにおもしろいご法話なら毎日聴きたい!!
住職として、夫として、父として……。日常で繰り広げられる、思わず「ぷっ」とふきだしてしまいそうなエピソードから、人間が持つ、五つの「欲」の話・そして現代に忘れがちな「報恩の心」を、わかりやすく書き綴った、まさに『現代版、徒然草』。

【目次より】
追われる私
 一、忙しい、忙しい 二、たらん、たらん 三、のさん、のさん
欲の塊の私
 一、色欲 二、財欲 三、名誉欲 四、睡眠欲 五、食欲
……他

〈著者紹介〉千代田女学園理事長

生かされて
生きるいのち

-親鸞聖人と
他力の教え−

梯 実圓
久堀弘義
800円+税

品切
四六並製110頁
ISBN978-4-921029-41-8

生かされて生きるいのち

親鸞聖人のみ教えと共に人生を歩まれる両師が、お念仏による“こころの変革”と、生かされる“よろこび”を語る。『今をよろこべる心』に続く、両師による報恩講法話集。【報恩講法話集2】

【目次より】
◆他力不思議ということ
   ─親鸞聖人の他力観─…梯 實圓
◆いのちかがやく人生
   ─美しく老いるために─…久堀弘義

〈著者紹介〉梯 實圓・本願寺派勧学/久堀弘義・中央仏教学院講師

今をよろこべる心

梯 実圓
久堀弘義
800円+税

品切
四六並製110頁
ISBN978-4-921029-33-3

今をよろこべる心

真宗に生きた人びとの姿から、「いのち」への感動を呼び覚ます――珠玉の法話集
布教の第一線で活躍する両師が、ある寺院の報恩講で、真宗の教えの中で生きる素晴らしさを語る。源左さんの徹底した他力への頷きの生涯など、真宗の宗教的感性に視点をあてる。【報恩講法話集1】

【目次より】
◆源左さん、才市さんから
        親鸞聖人のみ教えを味わう…梯 實圓
◆親鸞聖人の求められた「生死出づべき道」…久堀弘義

〈著者紹介〉梯 實圓・本願寺派勧学/久堀弘義・中央仏教学院講師

木村誠一さんの
生涯
『真楽記』

浅野純以 編
1,600円+税

品切
四六上製200頁
ISBN978-4-921029-39-5

木村誠一さんの生涯と『真楽記』

胃ガンを宣告され、愛しい幼な子を遺し、昭和37年4月1日、45歳で逝った小学校教諭木村誠一さん。大三島の浄土真宗の土徳に育ち、足利浄圓、白井成允、西元宗助、佐々木徹真、甲斐和里子ら、「自照」誌の同人に導かれ、死の直前まで如来の声を聞きつづけ、浄土に帰しゆく我がいのちを綴った『真楽記』。幼な子を遺しながらも往く、その凄烈なまでのいのちの短歌130首を収録。

【目次より】
◆真楽記
◆木村誠一さんの生涯
一、土徳/二、出遇い/三、『自照録』/四、最後の入院
◆木村誠一氏を偲んで
木村誠一氏を悼む/自照に育てられた人

〈編者紹介〉浄土真宗本願寺派万福寺住職

甲斐和里子の生涯

籠谷真智子 著
2,200円+税

四六上製240頁
ISBN978-4-921029-38-8

甲斐和里子の生涯

お念仏に育てられ、お念仏とともに生きた明治・大正・昭和の才媛・甲斐和里子女史。今日の京都女子学園の創始となる顕道女学院・文中女学校を夫・虎山とともに開設、苦難を乗り切りながら近代の女子教育に信仰の息吹を吹きこみ、たゆむことなく〃如来のみ声〃を聞き続けた、仏教婦人の生涯を描く。和里子女史が遺した多くのお念仏の歌とともに、時代を追って読みやすく綴られる。

【目次より】
第一章 父母の慈愛/第二章 学びの道/第三章 結婚、そして家族/第四章 文中女学校創設の道程/第五章 「おふけなき」栄誉/第六章 心の教育とその絆/第七章 堪忍の諭し/第八章 念仏に生かされて/第九章 臨終

〈著者紹介〉京都女子大学名誉教授

親鸞聖人の
お手紙

細川行信 著
800円+税

品切
四六並製80頁
ISBN978-4-921029-36-4

親鸞聖人のお手紙

ともに過ごした東国同朋に対する親鸞聖人のつきせぬ思いを御消息より味わう。
各地に念仏異義が続発する中、親鸞聖人は何を思い、何を伝えようとしたのか。「慈信房義絶状」を含む5通のお手紙から、親鸞聖人の心中に迫る。

【目次より】
◆有念無念のこと ◆笠間の念仏者 ◆慈信房の異義 ◆信心よろこぶ人 ◆自然法爾の法語 ◆お手紙の関係年表常・総・野の中古略図 ◆ただ一筋に

〈著者紹介〉大谷大学名誉教授

伝えたい真宗
のおしえ

濱田耕生 著
1,500円+税

四六並製238頁
ISBN978-4-921029-21-0

伝えたい真宗の教え

妙好人の言葉、経典や親鸞聖人のお手紙、法話でよく聞く言葉、和讃など、門徒が知っておきたいポイントを明快に語る。また、真宗教義のエッセンスである「正信念仏偈」の全文(読下し付き)を載せ、その要点をわかりやすく説明。

【目次より】
第一章 真宗とはどんな教え
第二章 真宗の教えがみえる書物
第三章 真宗の話でよく聞く言葉の意味(ア行〜ラ行)
第四章 正信念仏偈のこころ(正信偈要義)
第五章 よく勤める和讃の意

〈著者紹介〉同朋大学名誉教授

仏教からの
心の教育を
めざして

瓜生津隆真 著
2,500円+税

品切
四六上製290頁
ISBN978-4-921029-32-6

仏教からの心の教育をめざして

仏教のこころ、仏教の生き方を学生たちに説き、綴った珠玉の随想百篇。
日常生活の中でおこるさまざまな出来事を、仏教の精神を基本としてどのように捉えてゆくかを、卓越した視点で語る。
経典の御文、祖師の言葉が数多く引用し、かつ仏教の心が簡潔に平易に述べられている、法話や講話の格好の参考図書。

【目次より】
「たてまえ」と「ほんね」 聞くことが大切 青年の意識 人間の業 道中を楽しむ 「学ぶ」ということ 仏像の美 心の眼で見る 常不軽菩薩の行 生きがい 凡夫とは 我田引水 原爆供養塔の前で 赤尾の道宗 「宗教と科学」から人間教育を考える 他

〈著者紹介〉京都女子大学学長

我がいのち我が
いのちにあらず

二葉憲香 小川一乗
尾畑文正 滝本誠海
1,200円+税

品切
四六並製200頁
ISBN978-4-921029-17-3

我がいのち我がいのちにあらず

仏教学、真宗学、障害者教育の立場から、与えられた「いのち」の不思議とその恵みを、それぞれの体験や日常の出来事、そして現代日本の社会問題をとらえながら、語りかける仏教入門の書。今に生きる親鸞聖人が伝える「無我」の仏教を知らしめる四篇

【目次より】
不可思議光を見つめて−親鸞聖人の教え− 二葉憲香
仏教とは何か 小川一乗
宗教的生命の回復 尾畑文正
いのちありがとう 滝本誠海
あとがき 林寺脩明

〈著者紹介〉二葉憲香・龍谷大学名誉教授、1995(平成7)年11月逝去/小川一乗・大谷大学学長/尾畑文正・同朋大学文学部教授/滝本誠海・浄土真宗本願寺派南林寺前住職、2000(平成12)年2月逝去/林寺脩明・浄土真宗本願寺派正福寺住職

法語こころ
秋冬篇

堂 徹正 著
1,500円+税

四六並製240頁
ISBN978-4-921029-08-1

法語のこころ秋冬篇

春夏篇に続く秋冬篇
み仏のいのち輝く「法語」を通して、自らのいのちの輝きを耕す、読むほどに心に響く書。

■秋冬篇の法語より
長き夜や 心の鬼が 身を責める
(小林一茶)
道は近きにあり 迷える人は これを遠きに求む(清澤満之)
生かさるる いのち尊し けさの春
(中村久子)
◎収録法語66篇

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派西願寺住職

法語こころ
春夏篇

堂 徹正 著
1,500円

品切
四六並製240頁
ISBN978-4-921029-07-4

法語のこころ春夏篇

浄土真宗の土徳豊かな近江地方で、草木虫魚と親しみながら、月々のカレンダーに掲載された「法語」について、自らの想いを重ねあわせて綴った十六年間の聞思の記録。八十年の生涯を通して培われたお念仏を喜ぶ心がしみわたる法話集2巻。

■春夏篇の法語より
み仏さまから 拝まれ通し 信じられ通し 願いをかけられ通し(西元宗助)
大悲無捲の 夜は明けて 大悲無捲の 陽を迎う(金子大榮)
ひとさんに 堪忍して もらってばかり おりますだがや(足利源左)
◎収録法語66篇

〈著者紹介〉浄土真宗本願寺派西願寺住職

妙好人の
かがやき

朝枝善照 著
143円+税

B6・中綴・20頁
ISBN000-0-000000-00-0

妙好人のかがやき

才市翁からハリー・ピーパー卿まで、日々の生活を正直一途に、深い信仰に生きた、数多くの妙好人を紹介。浄土真宗の信の世界が今も息づいていることをわかりやすく解説。

【もくじより】
1、妙好人とは誰のこと
2、『妙好人伝』とその研究史
3、妙好人の特色
4、妙好人と国際化時代

〈著者紹介〉龍谷大学教授

山頭火と私の出会い

秋山 巌 著
190円+税

B6・中綴・24頁
版画11点収載
ISBN000-0-000000-00-0

山頭火と私の出会い

人間の根底に潜む罪悪と、自然の峻厳さを見つめ続けた行乞の俳人・種田山頭火。没後60年の今日、秋山巌の版画と共に描く、山頭火の清貧の世界。

〈著者紹介〉版画家、日本美術家連盟会員