<−絵本TOPへ
絵   本


やわらかな挿し絵とともに、お釈迦さまの生涯を描く
おしゃかさま 全6巻 文 豊原大成 絵 小西恒光 

 ご存知のように、「おしゃかさま」は、今から2500年ほど昔、インドでお生まれになり佛教を発見し、それを説き広められたお方です。その教えは以後、幾億とも知れぬ数多くの人びとの心に、大きな喜びと安らぎを与えてまいりました。
 今こそ、次の百年を荷い支えてゆく子供たちの心の底に、み佛のみ心が、しっかりと刻みつけられねばならないと思います。そのために、み教えの、わかり易い形での表現というべき、釈尊のご生涯の数かずのトピックやエピソードを選び出して、本書を執筆いたしました。
 その際、できるだけ平易な言葉でと心がけたつもりですが、それでもなお、子供さんたちにはわかりにくい箇所があるかも知れません。できれば、お父さん、お母さんはじめご家族ご一緒に、本書をご覧いただければと存じます。
       −著者 あとがきより−

■A5判変型 上製・60〜64ページ  オールカラー 各巻定価 952円+税
全6巻(完結)発売中

〈本書の特色〉
● お釈迦さまの80年の生涯を、150篇のトピックとエピソードでわかりやすく綴る。
● 仏弟子たちの逸話も数多くおさめ、教えとお釈迦さまの時代が平易に理解できる。
● 幼い子どもから大人まで、自然にお釈迦さまの生涯と仏教の基本がわかる絵本。
第1巻
おたんじょうから
たびだちまで

第2巻
さとりとはじめての
おしえをとく
第3巻
おしえのたび
第4巻
いろんなおでしたち
第一巻表紙 第二巻表紙 第三巻表紙 第四巻表紙
目  次 目  次 目  次
目  次
「おたんじょう」
「おかあさん」
「ヤソーダラー妃」
「としをとること」
「お城を 出る」
「たくはつ」
「王さまと やくそく」
ほか
「ウルヴェーラーの森」
「しゅぎょう」
「スジャーター」
「めいそう」
「あくま」
「さとりの よろこび」
「おしえを とく」
ほか
「みな おでしに なる」
「ラージャ・ガハへ」
「ダーナ」
「ぎおん・しょうじゃ」
「おしゃかさまとわるもの」
「あまさんに なる」
ほか
「ジーヴァカ」
「心をたがやす」
「へびといたずらっこ」
「おしゃべり」
「五百人のビクたち」
「水あらそい」
「キサー・ゴータミー尼」
ほか
第5巻
さまざまなじけん

第6巻
かがやくたびじ
   
   
目  次
目  次  
   
「ちょうじゅ王の おはなし」
「ローサカ・ティッサ比丘」
「とくがんりん」
「アングリマーラ」
「かんびょう」
「マータンガの 娘」
「毒矢のたとえ」
「ヴィドゥーダバ王」
ほか
「ともしび」
「たびに でる」
「パータリ村」
「チュンダの ごちそう」
「やさしい お心」
「クシナーラの森」
「さいごの おしえ」
「お骨をわける」
「お経の かいぎ」
ほか
   
<−絵本TOPへ